歴史民俗資料学専攻

博士前期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士前期課程は、歴史民俗資料学について、広い視野に立つ専門性豊かな調査・研究能力を身に付け、その能力、知識及び技能を教育・研究をはじめ様々な領域で発揮できる人材の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻前期課程では、国際的視点を踏まえた日本列島の歴史と文化に関して、歴史資料学・民俗資料学を柱とした体系的なカリキュラムに基づき、新たな研究領域を開拓する総合的な資料学に関する専門教育を展開し、広い視野に立つ専門性豊かな能力を発揮できる人材を育成することを教育目標とします。
日本社会を究明するには、歴史学・民俗学の学問分野からのアプローチは不可欠であり、その研究の基礎には必ず資料が存在します。その資料を適切に扱い活用する学問分野として、本研究科は資料学という新しい学問領域の開拓を目指しています。院生に対する教育と研究は、本研究科の設立基礎である神奈川大学日本常民文化研究所及び非文字資料研究センターと密接に連携して行われ、資料の調査・収集、修復・保存、分析方法などに関する実践的な知識と技能を身につけ、地域社会の文化活動や地域文化の継承・育成にあたる高度専門職業人を養成することを教育目標として定めます。

博士後期課程

教育研究上の目的

本研究科の博士後期課程は、歴史民俗資料学について、広い視野に立つ専門性豊かな調査・研究能力、知識及び技能をさらに向上させ、創造性豊かな教育・研究活動を行うことのできる研究者の育成を目的とする。

教育目標

本学の教育目標及び本研究科の教育研究上の目的等を踏まえ、歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻後期課程では、国際的視点を踏まえた日本列島の歴史と文化に関して、歴史資料学・民俗資料学を柱とした歴史民俗資料学に関する高度な専門教育を展開し、日本文化を世界に発信し国際的に活躍する研究者の育成を教育目標とします。 日本社会を究明するには、歴史学・民俗学の学問分野からのアプローチは不可欠であり、その研究の基礎には必ず資料が存在します。その資料を適切に扱い活用する学問分野として、本研究科は資料学という新しい学問領域の開拓を目指しています。院生に対する教育と研究は、本研究科の設立基礎である神奈川大学日本常民文化研究所及び非文字資料研究センターと密接に連携して行われ、専門的な調査・研究能力及び学際性をもった論文の作成能力、プレゼンテーション能力を涵養し、歴史民俗資料学の新たな領域を開拓する研究者を養成することを教育目標として定めます。