神奈川大学

神奈川大学スポーツセンター

イベント情報

健康科学スポーツセンター特別講演会「国際女子テニス大会のしくみ」開催レポート

 今回は、東レPPOテニストーナメントディレクターを務められている野地俊夫氏を講演者に迎え、「見るスポーツ」を創る立場から、世界の女子テニスツアーの現状やテニス大会を開催し続ける意義などにスポットを当ててお話いただきました。

  東レPPOテニスとはWTA(Women’s Tennis Association)ツアーと称される世界女子テニスツアーのPremier5(プレミア5)に日本で唯一認定されている大会です。その世界のトッププレイヤーが集うトーナメントの企画・運営を担う野地氏の講演は大変有意義な時間となり、なかでもイベントを企画するうえで必要となる、構成要素・成立要素の5W2H(Why=どうして・Where=どこで・When=いつ・Who=誰が・What=何を・How=どのように・How Much=いくらで)を明確にする作業が何を行うにも大切であるというお話が特に聴講者の印象に残ったようです。

-参加者の声-

 

授業で学んでいることが、実際にイベントを企画・運営するうえでの基礎になることが分かり、「何のためにこのイベントを行うのか」ということを明確にすることがイベントを成功させるための第一歩になると感じました。

 

 

開催概要

 

【日時】2010年12月16日(木)

 

【会場】横浜キャンパス 23号館201教室

 

【講演者】野地俊夫(東レPPOテニストーナメントディレクター)

 

【講演タイトル】「国際女子テニス大会のしくみ」

 

【主催】神奈川大学大学院人間科学研究科スポーツ産業分野 大竹研究室、神奈川大学健康科学スポーツセンター

 

ページの先頭へ戻る

個人情報保護方針

Copyright © Kanagawa University. All Rights Reserved.