• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

研究倫理教育・コンプライアンス教育について

研究倫理教育について

研究データのねつ造や論文盗用といった研究活動における不正行為がクローズアップされ、科学者・研究者の責任を問う問題多く発生しています。こうした行為は、個別の科学者・研究者の問題にとどまらず、科学全体に対しての信頼を失わせるものです。

文部科学省は2014年8月「研究活動における不正行為の対応等に関するガイドライン」を決定し、各大学に研究活動における不正行為の発生防止のための責任体制の構築や、研究倫理教育の実施を義務づけるなど厳しい対応を求めています。

本学もこのガイドラインに沿って研究についての倫理観の醸成に向けて取り組みます。

コンプライアンス教育について

本学ではこれまで不正防止計画推進委員会の策定する「不正防止計画」に沿って、競争的資金や補助金による研究費を中心に不正防止対策を行ってきました。
しかしながら、相変わらず社会を騒がせている研究費の不正使用に対して、文部科学省は、2014年2月「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」を改正し、各大学により一層厳しい研究費の管理を求めています。
このガイドラインの改正により、コンプライアンス教育の受講と受講管理が義務付けられ、本学では2014年度よりコンプライアンス教育を実施することとしました。

責任ある研究活動のために

本学では、研究倫理教育の一環として作成したリーフレットを、研究活動に関わる教職員や学生に配布し、責任ある研究活動の実施に向けた取り組みに力を注いでいます。

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ