• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 理学研究科 浅井琢磨さん(堀久男研究室)へ「第10回日仏フッ素化学セミナー」にて感謝状が贈られました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2017.11.02

理学研究科 浅井琢磨さん(堀久男研究室)へ「第10回日仏フッ素化学セミナー」にて感謝状が贈られました

このページを他の人と共有する

9月27~29日にわたり金沢市で開催された「第10回日仏フッ素化学セミナー」において堀研究室に所属する浅井琢磨さん(理学研究科修士1年)へ感謝状が贈呈されました。

日仏フッ素化学セミナーとは、日本とフランスの大学および産業界でエネルギー、環境、バイオ、プロセス、新素材等の分野で活動しているフッ素化学の研究者が成果を発表し、意見交換するために設立され、今年で10回目を迎えています。(日本での開催時は独立行政法人日本学術振興会フッ素化学155委員会が主催)

浅井さんの発表テーマは「Decomposition of 3-Hydroxy-2-(trifluoromethyl)propanoic Acid (MAF-OH) in Subcritical Water(3-ヒドロキシ-2-(トリフルオロメチル)プロパン酸(MAF-OH)の亜臨界水分解」で、その発表内容が評価され主催者から感謝状が贈られました。

関連リンク

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ