• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 工学研究科 毛利裕則さんが「11th TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2016」でPoster Session Awardを受賞しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2016.12.16

工学研究科 毛利裕則さんが「11th TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2016」でPoster Session Awardを受賞しました

このページを他の人と共有する

工学研究科電気電子情報工学専攻2年の毛利裕則さん(遠藤研究室)が、2016年10月29日に行われた国際シンポジウム「11th TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2016」において、Poster Session Awardを受賞しました。

この賞は同シンポジウムで優れた論文を発表した大学院生に贈られるもので、毛利さんの論文「Influence of blood flow to spatial temperature rise distribution in phantom by focused ultrasound」が選出されました。

毛利さんは受賞を受け、「このたびは、名誉ある賞を頂くことができ大変光栄に思います。常日頃から熱心にご指導して下さる遠藤信行教授と土屋健伸准教授に心から感謝いたします。また、すでに卒業されましたが、私に何もかも一から教えてくださった先輩に大変感謝しています。今後は、良い修士論文が書けるよう研究に励みたいと思います」とさらなる研究への意気込みを語ってくれました。

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ