• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 工学部 傳法谷郁乃特別助教が人間-生活環境系学会において平成28年度 人間-生活環境系学会奨励賞を受賞しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2016.11.21

工学部 傳法谷郁乃特別助教が人間-生活環境系学会において平成28年度 人間-生活環境系学会奨励賞を受賞しました

このページを他の人と共有する

平成28年10月30日、傳法谷 郁乃 特別助教(工学部 建築学科)の論文「The Effect of Local Pressure to the Knees on the Physiological and Psychological Responses of the Human Body」が、人間-生活環境系学会の平成28年度人間-生活環境系学会奨励賞を受賞しました。

平成28年10月30日、傳法谷 郁乃 特別助教(工学部 建築学科)の論文「The Effect of Local Pressure to the Knees on the Physiological and Psychological Responses of the Human Body」が、人間-生活環境系学会の平成28年度人間-生活環境系学会奨励賞を受賞しました。

本賞は、人間-生活環境系学会に属する研究者の優れた論文を表彰するために設けられ、特に優れた論文を発表した40歳未満の個人から選出されます。
傳法谷特別助教は、弾性タイツやサポーターなど、脚部を加圧する衣服設計のための基礎研究に取り組んでおり、この論文は、膝への圧迫強度が身体へ及ぼす影響について報告したものです。膝を圧迫する強さの違いが、下肢の血流動態・圧迫感・むくみ感にどのくらい影響するのか、人体の生理・心理反応に影響の及ぶ圧迫強度を段階的に検討した結果とともに、それらは、姿勢や運動の違いによって異なり、衣服の圧力設計をする際に十分考慮する必要があることが述べられています。

今回の受賞について、傳法谷特別助教は、「このような名誉ある賞を頂き、大変嬉しく思います。これを励みに、今後は人々の生活環境について被服と建築の両面から、より快適な生活環境の形成に貢献できるような研究に取り組んで参りたいと思います」とコメントされました。

関連リンク

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ