• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 理学部 山口和夫教授の研究課題が、JST研究成果展開事業マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」に採択されました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2016.06.08

理学部 山口和夫教授の研究課題が、JST研究成果展開事業マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」に採択されました

このページを他の人と共有する

理学部化学科の山口 和夫教授の研究課題「感光性材料でコートした細胞培養用新型ガラスボトムディッシュの作製」が、(国研)科学技術振興機構における研究成果展開事業 マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」に採択されました。

本事業の目的は、地域の企業が直面している技術的課題を解決に繋げていくために、大学等が保有する研究成果、知的財産を探索しマッチングを行う事で解決に導き、高付加価値・競争力のある地域科学技術イノベーションを創出することにあります。

今回の研究課題である「感光性材料でコートした細胞培養用新型ガラスボトムディッシュの作製」には、山口教授の共同研究成果である細胞パターニング技術が用いられております。この技術を用いることで、生体組織を模倣した組織化細胞の培養が可能なため、基礎研究における実験ツールだけでなく、実験動物に変わる薬剤スクリーニング系や細胞シートなど移植用組織・臓器への開発につながる可能性を秘めています。また、動的パターニングにも対応するため、複数種の細胞を位置選択的に配置でき、細胞付着を任意のタイミングで操作できるため、この分野での新たな応用展開も見込めます。

本研究課題が採択されたことにより、今後の再生医療研究の発展や作業効率化に対して、より一層の進展につながる事が期待されます。

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ