• ホーム
  • 研究活動
  • お知らせ
  • 工学部林教授らの共同論文が「IEEE 4th International Conference on Informatics, Electronics &Vision」で最優秀論文賞を受賞しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2015.06.30

工学部林教授らの共同論文が「IEEE 4th International Conference on Informatics, Electronics &Vision」で最優秀論文賞を受賞しました

このページを他の人と共有する


2015年6月15~18日、北九州国際会議場で行われた「IEEE 4th International Conference on Informatics, Electronics &Vision(ICIEV)」において、本学工学部 林 憲玉教授、工学研究科機械工学専攻 牧野慎一郎さん(2015年3月修了)らの共同論文「Unknown Object Extraction for Robot Partner using Depth Sensor」がBest Paper Awardを受賞しました。

論文では、ロボットに物体を掴ませる際の認識方法について、カメラ画像を使用し対象物体の面を立体的に「形」として認識させ、掴むために最適な方向・角度をシミュレーションした研究がまとめられています。

林教授は受賞について「大学院生の在学中の研究成果が国際学会で評価されたことを、指導教官としても嬉しく思います」とコメントされました。

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ