• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

研究活動についてのお知らせ

2014.05.02

理学部木下佳樹教授が情報処理推進機構の研究支援事業に採択されました

このページを他の人と共有する

このたび、本学理学部情報科学科の木下佳樹教授が、独立行政法人情報処理推進機構が公募した「2014年度ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業に関する委託契約」に、「オープンシステム・ディペンダビリティのための形式アシュランスケース・フレームワーク」というテーマで採択されました。


ソフトウェアは行政を含めたあらゆる産業で経済社会を支える基盤として不可欠な存在であり、研究振興だけでなく日常生活でソフトウェアが果たしている役割について、社会認知を高める事も重要です。本研究資金制度は、大学・研究機関から研究テーマの公募し、採択された研究提案について支援することで、ソフトウェア工学の振興を図るものです。

 

概要

公募名

2014年度ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業

研究者

木下 佳樹 (理学部 情報科学科 教授)

採択テーマ名

オープンシステム・ディベンダビリティのための形式アシュランスケース・フレームワーク

採択金額

約2,800万円(約2年間)

最新の研究活動についてのお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ