メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

言語研究センター

出版物について

神奈川大学言語学研究叢書

2010年度に神奈川大学言語学研究叢書第1巻を創刊しました。創刊以降、毎年1巻を発行しています。

発話と文のモダリティ対照研究の視点から
第8巻『言語の意味論的二元性と統辞論』
[著者]
松村 文芳
[発行所]
ひつじ書房
[発行年]
2017年3月
第8巻 『現代中国語の意味論序説』

松村 文芳 著/2017年3月発行

第Ⅰ部 現代中国語の動詞と時間体系
第Ⅱ部 現代中国語の語彙が構成する意味と論理
第Ⅲ部 現代中国語の構文が構成する意味と論理
第Ⅳ部 現代中国語の語彙が規制する論理

このページのトップへ

第7巻 『動詞の意味拡張における方向性 着点動作主動詞の認知言語学的研究』

夏 海燕 著/2017年3月発行

第1章 序論
第2章 研究背景
第3章 着点動作主動詞の基本義の性質
第4章 着点動作主動詞の意味拡張にみられる方向性
第5章 方向性の検証と原因探求
第6章 写像の構造性と拡張の方向性
第7章 着点動作主動詞と対応する使役動詞の意味拡張
第8章 手と手以外の身体部位の違いによる方向性の相違
第9章 他言語からの検証
第10章 着点動作主動詞と受身
第11章 結語

このページのトップへ

第6巻 『言語の意味論的二元性と統辞論』

片岡喜代子・加藤宏紀 編/2016年3月発行

第1章 格付値と格素性の役割
第2章 ”ZHE”の意味と統語的位置-SC理論の観点から
第3章 否定関連現象から見た言語間異変-否定作用域と否定述部
第4章 英語不定詞のテンス、アスペクトと構造
第5章 日本語否定疑問文からみる疑問文の統語構造と意味
第6章 命令文からみたCP領域の統語構造
第7章 表出命題態度、手続き的意味、文法化対語彙化-<っけ>をめぐって

このページのトップへ

第5巻 『英語学習動機の減退要因の探求 -日本人学習者の調査を中心に-』

菊池恵太 著/2015年3月発行

第1章 学習意欲の減退要因とは
第2章 動機づけに関する理論の概観
第3章 動機づけの理論と学習意欲減退
第4章 学習意欲の減退要因に関する先行研究
第5章 確認的因子分析を用いた量的研究例
第6章 重回帰分析を用いた量的研究例
第7章 インタビューと質問紙を用いた研究
第8章 学習意欲減退への対処
第9章 まとめ

このページのトップへ

第4巻 『グローバリズムに伴う社会変容と言語政策』

富谷玲子・彭国躍・堤正典 編/2014年3月発行

日本国内の社会変容と言語政策-ニューカマーの社会参加に向けて 富谷 玲子
「孔子学院」と中国の国家戦略-言語・教育・外交の政策的変容 彭 国躍
中国貴州省における「民漢」バイリンガル教育の危機及びその原因と対策 石 林
(宮本大輔訳)
English Language Policy in South Korea:A Holistic Model Approach to the Study of Language Policy Research in Educational Contexts David Aline
Yuri Hosoda
シンガポール華語の地位の変遷と華語教育が取り組んでいる挑戦 徐 峰
(鈴木進一訳)
現代のロシアの言語状況 サーンニコワ
ナターリヤ・ユーリエヴナ
(小林 潔訳)
アストラハンに見るロシアの言語状況 小林 潔
ロシア連邦への留学生に求められるロシア語能力について 堤 正典

単言語社会における移民との共通言語構築の方向性-ドイツ、韓国を事例として

松岡 洋子
移民に対するドイツ語教育の変遷と現状 平高 史也

ひと、ことばの多様化と共生の実現への挑戦 -アメリカの移民言語教育政策から学ぶこと

福永 由佳
国際人権法から見る言語の権利 近江 美保

このページのトップへ

第3巻 『古代中国語のポライトネス -歴史社会語用論研究-』

彭国躍 著/2012年11月発行

第1章 古代中国語における<死亡>の社会的変異
-『史記』言語運用の研究
第2章 古代中国語における呼称の社会的変異
-『禮記』言語規範の研究
第3章 ことばの禁則と社会的コンテクスト
-『禮記』言語規範の研究
第4章 上古中国語の副詞型敬語の研究
第5章 漢代鄭玄が訓釈した古代中国語の対人関係機能について
-歴史語用論のアプローチ
第6章 歴代訓詁学者のポライトネス訓釈
-解説と資料

このページのトップへ

第2巻 『モダリティと言語教育』

富谷玲子・堤正典 編/2012年3月発行

丁寧さのモダリティ -「です」と「ます」の文法化 砂川 有里子
Suppositional Adverb-based Brackets in Discourse Andrej Bekeš
「てしまう」のモダリティ性と日本語教育における課題 黒沢 晶子
中国語モダリティの機能体系 -Palmerモデル適用の試み 彭 国躍
推量形式に関する日韓対照研究 文 彰鶴
ロシア語教育とモダリティ -その取り扱い 小林 潔
ロシア語のモダリティとアスペクト -言語教育の視点から 堤 正典
英語法助動詞の諸相と英語教育
-学習指導要領と検定教科書の分析による中学・高校生の学習実態報告
佐藤 裕美
久保野 雅史
語用理論と日本語教育 武内 道子

このページのトップへ

第1巻 『発話と文のモダリティ-対照研究の視点から-』

武内道子・佐藤裕美 編/2011年3月発行

Modality and the Conceptual-Procedural Distinction Deirdre Wilson
引用とモダリティ -メタ表象の視点から 内田 聖二
幼児は引用助詞の意味をどのように獲得するのか
-縦断的母子会話データの分析から
松井 智子
山本 多恵子
命題態度への意味論的制約 -「ぜんぜん」をめぐって 武内 道子
統語構造と発話の力 -日本語のCP領域現象から 長谷川 信子
節の周辺要素 -モダリティーと題目 岸本 秀樹
Functions of CP-Domain:An Interface between Information Structure and Syntactic Structure Yukiko Ueda
日本語条件節における時制、モダリティ、話者 佐藤 裕美
Richness of CPs and Licensing of Wh-phrases in Japanese Masahiko Aihara
スペイン語の認識モダリティ副詞と法・時制の相関 寺崎 英樹
ロシア語のアスペクトとモダリティ 堤 正典
韓国語の使役動詞の特徴 -辞書の見出し語の分析を中心に 尹 亭仁

このページのトップへ

神奈川大学言語研究

言語研究センターの紀要は、センターの前身である「外国語研究センター」が1978年発刊した『語学研究』から1988年に『神奈川大学言語研究』と改題し、言語や言語教育に関する研究論文を中心に、年1回発行しています。
詳細は神奈川大学学術機関リポジトリ別ウインドウで開きます でご覧になれます。

[2013年度] 最新号(第36号) 目次
論文
韓国語と日本語の2字漢語動詞に関する一考察
―韓日辞典に見られる異同を手がかりに―
尹 亭仁
車 香春
イングランドの気候地名:Berkshire及びWiltshire 宅間 雅哉
「中国語母語話者の日本語の意見文に用いられる文末表現」
―日本語話者・中国語話者の日本語意見文及び中国語意見文を比較して―
野﨑まり
岩崎裕久美
時態成分“在”と“正”の意味と論理 青木 萌
Developing a survey to investigate Japanese learners’ perceptions and awareness of globalization Jean-Pierre Joseph Richard
日本庭園の記号論的解釈―選択機能言語学の視点から 水澤 祐美子
韓国人留学生の自然発話に見られる誤用 髙木 南欧子

このページのトップへ

[2012年度] (第35号) 目次
論文
評価の高低によるクチコミサイト「アットコスメ」における談話構造の特徴
-修辞ユニット分析を用いて-
田中 弥生
つなぎ言葉Fillerと関連性:you seeとyou knowの議論から 山田 大介
A Factor Analysis of the Future Use of English Scale Jean-Pierre Joseph Richard
上原 寿和子
現代中国語の統語成分“在”の用法と意味 青木 萌

このページのトップへ

[2011年度] (第34号) 目次
論文
On Some Differences between Restrictive and Nonrestrictive Relative Clauses and the Parallelism between Head-Internal and Head-
External Relative Clauses in Japanese
Hiromi Sato
A Method for Extracting Formulaic Sequences from a Student Corpus Malcolm Prentice
子育て場面で外国人保護者が直面する書き言葉の課題
-保育園・幼稚園児の保護者を対象とした調査から-
富谷 玲子(神奈川大学)
内海 由美子(山形大学)
仁科 浩美(山形大学)
「繰り返し」による漢字語彙の定着に重点をおいた漢字授業
-PowerPointを活用した初中級授業の分析-
木村 祐子
北村 尚子
富谷 玲子
日本における韓国語テキストについて
-大学での教材を中心に-
永原 歩
尹 亭仁
中国大陸と台湾における指示詞の対照研究
- “这・那”から見た遠近認知の相違について(その2)-
鈴木 進一

このページのトップへ

[2010年度] 第33号 目次
論文
Some Problems with Word-linking in the English of Japanese Learners Margaret Maeda
Teacher Development through Personal Language Learning Malcolm Prentice
現韓国語の終結語尾-ci(yo) [-지(요)]の多義性 文 彰鶴
日本語の書き言葉をめぐるニューカマーのストラテジー 富谷 玲子
研究ノート
中間言語文法の形成におけるインプットの役割について 山根 麻紀

このページのトップへ

[2009年度] 第32号 目次
論文
What varieties of English pronunciation are Japanese learners learning? Margaret Maeda
La gramática pedagógicauna propuesta didáctica Juan Carlos Moyano López
地域日本語教育批判
-ニューカマーの社会参加と言語保障のために-
富谷 玲子
史 芬茹
コミュニケーション行動評価概念「思いやり」の日中比較 陶 琳
研究ノート
中間言語における機能範疇素性について
極小理論によって可能となった予測とその問題点
山根 麻紀

このページのトップへ

[2008年度] 第31号  目次
論文
The Past Tense in the Perfect Hiromi Sato
ニューカマーとの共生と日本語教育 -言語計画からの分析- 富谷 玲子
Analisis de errores en la prueba de expresion oral del examen D.E.L.E inicial Marta Sanchez Barrera
Reflexiones sobre la ideologıa incluida en los libros de texto Arsenio Sanz Rivera
Las bases del lenguaje Posibilidades de la corporalidad en Michel Henry John David Barrientos Rodr.guez
Language and Race in Junot Diaz's Literature Daniel Arrienta

このページのトップへ

[2007年度] 第30号  目次
論文
Verbal Noun Complements and Complex
Predicates in Japanese
Hiromi Sato
The Structure of Meaning in English and Japanese
Pedagogical implications of some preliminary investigations
William McOmie
Diachronic and Synchronic Rasch Measurement
Analysis of Entrance Examination Listening Tests
David Aline
協同学習におけるメタ認知活動
-大学生の原稿産出プロセスから-
富谷 玲子
高木 南欧子
Reflexiones sobre la clase de expression escrita Juan Carlos Moyano Lopez
Aproximacion a Valle-Inclan
Del modernismo a los esperpentos
Victor Calderon de la Barca

このページのトップへ

特集号 目次

2007年11月に国際シンポジウムを開催し、それを骨子に、紀要特集号『言語の個別性と普遍性』を刊行いたしました。

国際シンポジウム
はじめに 堤 正典
語語法的個性特征
-与漢語語法比較而言-
石 林
WH-in-SituJapnese Meets Salish Henry Davis
Gender-Linguistic Phenomena across Languages
How universal are they?
Olga T. Yokoyama
論文
Language Changes Walking Hand in Hand: The spread of the s-plural and case syncretism in Early Middle English Ryuichi Hotta
スペイン語の「(助)動詞+不定詞」に対する無強勢代名詞の位置の変換についての一考察 菊田 和佳子
Approaching the Tokoro-construction from a Romance Perspective Mihoko Zushi
Japanese Concessives: KEDO and DEMO in utterance-initial use Michiko Takeuchi
韓国語の使役動詞の用法
- I 類の使役動詞の用法上の特徴を中心に-
尹 亭仁
観念構成的比喩について 岩本 典子
第二言語における動詞の項構造の習得について
-統語論的・語彙的アプローチによる2つの仮説とパイロットスタディ-
山根 麻紀
上古中国語の副詞型敬語の研究 彭 国躍
過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ