メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

言語研究センター

CALL/LL教室(10教室)

CALL教室
64名(319教室)、40名(302教室)、32名(314・316・317・318の各A・B教室)

Well(JVCケンウッド社製)のCALLシステムと音声に特化したAdiLL(アンペール社製)のLLシステムPDF(279KB)の両方を備えた最新の設備により多様な授業に対応できる教室です。
CALL/LL教室では、それぞれのシステムを授業内容に合わせて活用する他に、教卓のパソコンを中心にネットワークを利用して授業を進めます。また、教室内のDVD他AV機器を利用することにより、さまざまなメディアの学習が可能です。

『音声/映像』

教員は、DVDやCDの音声/映像教材を学生に提示すると同時に必要な部分をファイルにして保存することができます。学生はそれらの教材を自分のペースで自由に学習することができます。
音声ファイルは再生操作が容易に行え、さらに音声を波形で視覚的に確認することにより、学生自身が録音したものと教材を比較するという効率的な学習が可能です。
音声ファイルはUSBメモリなどにコピーして持ち帰ることもできます。

映像ファイルを学生ブースで再生したもの

映像ファイルを学生ブースで再生したもの

映像ファイルを学生ブースで再生したもの

『会話』

グループレッスン・ペアレッスン・モデルレッスン

10人までのグループを作ったり、隣同士だけでなく離れた席の学生をランダムにペアとし、レッスンすることできます。教員はレッスンの内容を教卓で確認しながら、個々にコメントしたり、模範的な学生の音声を他の学生に聞かせることができます。

『書く』

学生は各々のパソコンでインターネットやソフト(Word・Excel・PowerPoint)を利用することができます。個々の学生の学習状態をPC上でチェックしたり、指導することができます。また、ファイル(Testなど)を配布し、学生が回答したものを回収することができます。ファイルの配布/回収は、教員と学生の機器間でスムーズに行えます。

『教材作成』

教員は「教材作成ツール」を使ってオリジナルの教材を簡単に作成することができます。

このページのトップへ

語学視聴覚室

語学視聴覚室
(20-308室)

外国語習得のためにCD・テキスト、雑誌、映画を含む映像教材を備え、ブースにて学習できる環境を提供しています。

利用案内
開室時間
8:30~19:00
開室日
月曜日から金曜日
閉室日
土曜・日曜・祝日

語学視聴覚室の教材資料は視聴覚資料サイト内ページですのページをご覧ください。

このページのトップへ

教材開発室

(312室)

動画・音声の編集作業を行えるパソコンおよび動画編集ソフトを配備しており、CALL/LL教室にて使用する教材の作成が行えます。例えば、リスニングテスト用の音声をCD教材から必要な部分のみ抽出し、1つの音声ファイルとして作成できます。2003年度からは、メディア教材作成プロジェクトにて動画編集作業の場として提供しています。

どんなことができるか

  • CALL/LL教室にて使用する動画・音声教材の作成
  • 動画編集ソフト(Premiere Pro)による動画編集
  • 授業教材に限りご利用可能です

利用案内

利用時間
10:00~17:30
利用方法
言語研究センター(304室)にて受付を行っています。事前に「教材開発室・視聴覚スタジオ使用申請書」(対象:教員)にて申請してください。
  • 撮影スタジオ調整室教材開発室
  • メディア教材作成プロジェクト 日本語教員養成課程および経営学部、理学部 完成DVDメディア教材作成プロジェクト完成DVD
    外国語学部中国語学科・スペイン語学科
    経営学部、理学部制作

このページのトップへ

視聴覚スタジオ

(313室)

教材開発室に隣接する視聴覚スタジオでは、防音室を配備しており、雑音のない環境での撮影・録音が可能です。また、撮影・録音した動画・音声を編集することもできます。編集した動画・音声は、授業教材としてご利用可能です。

どんなことができるか

  • 防音室での撮影・録音 
    ※業務でのご利用も可能です。
  • 動画編集ソフト(EDIUS)による動画編集
  • 編集した動画・音声のファイル化
  • 編集した動画・音声のDVD/CDへの書込
  • 授業教材に限りご利用可能です

利用案内

利用時間
10:00~17:30
利用方法
言語研究センター(304室)にて受付を行っています。事前に「教材開発室・視聴覚スタジオ使用申請書」(対象:教員・職員)にて申請してください。
  • 撮影スタジオ調整室
  • 撮影スタジオ調整室
  • メディア教材作成プロジェクト 日本語教員養成課程および経営学部、理学部 完成DVD

視聴覚スタジオ(調整室・防音室)

このページのトップへ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ