メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

言語研究センター

言語研究センターでは、「言語、言語教育及び関連諸科学に関する理論的、実際的研究」という目的のもとに、共同研究活動を奨励し、助成しています。

共同研究一覧

2017年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 孫  安石 山口 建治
村井 寛志
中村 みどり
大里 浩秋
『良友』画報と上海の文学研究
2 堤  正典 小林  潔 レアリア学習からみた外国語学習語彙の研究
3 加藤 宏紀 松村 文芳 中国語初級教科書の語彙分析と応用
4 夏   海燕 彭   国躍
加藤 宏紀
中国語教育を目指す日中対照言語研究ー類別詞を中心に
5 彭  国躍 尹 亭仁 言語景観に関する社会言語学的基礎研究
6 小松 雅彦 松村 文芳 音響機器等を利用した音声教材の試作

このページのトップへ

2016年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 加藤 宏紀 彭 国躍
松村 文芳
新漢語水平考試作文問題の中国語教育への応用
2 菊田 和佳子 片岡 喜代子
高垣 敏博
ヴィクトル カルデロン
アルトゥーロ バロン ロペス
スペイン語を専攻する学生のための教材研究
3 小松 雅彦 松村 文芳 音響機器等を利用した音声教材の試作
4 孫  安石 山口 建治
村井 寛志
中村 みどり
『良友』画報と日中文化交流-言語を中心に
5 髙木 南欧子 尹 亭仁 日本語・韓国語教育における漢語動詞の研究
6 堤  正典 西野 清治 レアリア学習からみた外国語学習語彙の研究
7 富谷 玲子 樋口 万喜子 多文化社会における日本語教授能力の分析
8 彭  国躍 尹 亭仁 言語景観に関する社会言語学的基礎研究

このページのトップへ

2015年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 彭 国躍 尹 亭仁 言語景観に関する社会言語学的基礎研究
2 孫 安石 山口 建治
村井 寛志
大里 浩秋
『良友』画報と上海の文学研究
3 佐藤 裕美 辻子 美保子
片岡 喜代子
加藤 宏紀
相原 昌彦
節周辺部の構造、素性の普遍性と個別性
4 ソリス・メイビクトリア セリノ 佐藤 裕美 無声ビデオを用いたナレーションによる英語プレゼンテーション、ツアーガイド演習に関するケーススタディ
5 髙木 南欧子 尹 亭仁 日本語・韓国語教育における漢語動詞の研究
6 加藤 宏紀 彭 国躍
松村 文芳
新漢語水平考試4級問題を利用した中国語自動学習システムの開発
7 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
片岡 喜代子
スペイン語を専攻する学生のための教材研究
8 堤 正典 西野 清治 外国語学習・教育におけるレアリアの具体的教育内容に関する研究
9 小松 雅彦 松村 文芳 音響機器等を利用した音声教材の試作

このページのトップへ

2014年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 加藤 宏紀 松村 文芳
彭 国躍
中国ホームドラマを題材とする語気詞”呢”の研究と応用
2 堤 正典 西野 清治 外国語学習・教育におけるレアリアの具体的教育内容に関する研究
3 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
片岡 喜代子
石黒 敏明
スペイン語を専攻する学生のための教材研究
4 小松 雅彦 松村 文芳 音響機器等を利用した英語音声教育のための予備的調査
5 佐藤 裕美 辻子 美保子
片岡 喜代子
加藤 宏紀
相原 昌彦
左方周辺部の機能範疇と節構造
6 髙木 南欧子 尹 亭仁 日本語・韓国語教育における漢語動詞の研究
7 ソリス・メイビクトリア セリノ 佐藤 裕美 無声ビデオを用いたナレーションによる英語プレゼンテーション、ツアーガイド演習に関するケーススタディ
8 孫 安石 大里 浩秋
村井 寛志
『良友』画報と上海の文学研究

このページのトップへ

2013年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 加藤 宏紀 松村 文芳
彭 国躍
新漢語水平考試4級問題を利用した中国語自動学習システムの開発
2 堤 正典 西野 清治 外国語学習・教育におけるレアリアの内容と位置づけに関する研究
3 孫 安石 大里 浩秋
村井 寛志
『良友』画報と上海租界研究
4 尹 亭仁 久田 和孝 韓国語と日本語の「条件」を表わす表現の対照研究
5 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
石黒 敏明
片岡 喜代子
スペイン語の学生の動機づけに関する調査
6 小松 雅彦 松村 文芳 音響機器等を利用した英語音声教育のための予備的調査
7 佐藤 裕美 辻子 美保子
片岡 喜代子
加藤 宏紀
相原 昌彦
機能素性と節構造の関係

このページのトップへ

2012年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 加藤 宏紀 松村 文芳
彭 国躍
最新の中国語教材を利用したCALL教材の研究
2 堤 正典 西野 清治
小林 潔
外国語学習・教育におけるレアリアの内容と位置づけに関する研究
3 孫 安石 大里 浩秋
村井 寛志
『良友』画報と上海租界研究
4 尹 亭仁 久田 和孝
永原 歩
韓国語と日本語の「条件」を表わす表現の対照研究
5 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
石黒 敏明
片岡 喜代子
中間言語と第2言語習得(2)
6 細田 由利 デビット・アリン エアライン業界における国際公用語としての英語(予備研究)

このページのトップへ

2011年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 孫 安石 大里 浩秋
村井 寛志
『良友』画報と都市小説の研究
2 尹 亭仁 文 彰鶴 韓国語の漢語動詞の受身文のデータの整備
3 松村 文芳 彭 国躍
加藤 宏紀
劉 海燕
CALLシステム利用の先端的言語教育のデザインとその応用
4 堤 正典 小林 潔 ロシア語学習・教育におけるレアリアの内容と位置づけに関する研究
5 佐藤 裕美 堤 正典
彭 国躍
尹 亭仁
岩本 典子
富谷 玲子
岩畑 貴弘
菊田 和佳子
加藤 宏紀
相原 昌彦
寺崎 英樹
小林 潔
言語の個別性と普遍性-文と発話の構造
6 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
水野 光晴
寺崎 英樹
石黒 敏明
中間言語と第2言語習得(2)
7 富谷 玲子 高木 南欧子 学習者コーパスを活用した上級日本語教育の教材開発

このページのトップへ

2010年度

  代表者名 共同研究者 研究テーマ
1 尹 亭仁 文 彰鶴 韓国語の漢語動詞の受身文のデータの整備
2 孫 安石 大里 浩秋
村井 寛志
「良友」画報とアジア研究
3 堤 正典 小林 潔 ロシア語習得基準の研究
新しいロシア語習得基準策定のための諸問題の検討
4 加藤 宏紀 松村 文芳
彭 国躍
中国語初級リスニング自動学習システムの構築
5 佐藤 裕美 堤 正典
富谷 玲子
彭 国躍
尹 亭仁
岩畑 貴弘
岩本 典子
菊田 和佳子 
加藤 宏紀
寺崎 英樹
小林 潔
モダリティ研究言語の個別性と普遍性
6 アルトゥーロ バロン ロペス ヴィクトル カルデロン
菊田 和佳子
水野 光晴
寺崎 英樹
石黒 敏明
中間言語と第2言語習得
7 富谷 玲子 高木 南欧子 大学での学習研究活動を支える日本語能力の分析

このページのトップへ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ