• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

科学研究費助成事業

科学研究費助成事業は、わが国の学術を振興するため、人文・社会科学から自然科学まであらゆる分野における優れた独創的・先駆的な研究を格段に発展させることを目的とする研究助成費で、大学等の研究者または研究者グループが自発的に計画する基礎的研究のうち、ピア・レビューにより学術研究の動向に即して、特に重要なものを取り上げ、その研究費が助成されるものです。大学等の学術研究を推進し、わが国の研究基盤を形成するための基幹的な経費とされています。

お知らせ

平成30年度 科学研究費助成事業の申請について

平成30年度科学研究費助成事業の申請時期になりました。今年度も多くの研究者の方々に申請していただきますようお願いします。 つきましては、下記のとおりご提出いただきますようお願いいたします。

ID・パスワードについて

応募書類の提出は「科研費電子申請システム」による電子申請です。
ID・パスワードの取得を希望される場合は、各キャンパスの研究支援課にお申し出ください。
(所属研究機関が変わってもIDはそのまま継続されますので、すでに取得されている場合はお申し出不要です。)

研究計画調書の提出(送信)について

(1)申請方法について

「電子申請システム」にアクセスし、研究計画調書を作成し、提出(送信)期限までに送信作業を行ってください。

なお、研究計画調書のうち「応募内容ファイル」は今年度の様式を以下のページからダウンロードして作成後、電子申請システムにアップロードします。

  • 様式は、必ず最新のものをダウンロードしてください。(様式の変更あり)
  • 計画調書の作成にあたっては、必ず「平成30年度科学研究費助成事業公募要領」を熟読のうえ、注意事項に留意してください。(審査区分・審査方法の変更あり)
(2)研究計画調書送信(提出)について

提出期限:10月13日(金)
(公募要領の公表前にお知らせした暫定スケジュールと変更ありません。)

公募要領に11月8日と記載されていますが、研究機関での確認作業を要するため、10月13日(金)を厳守願います。この期限を過ぎて提出されると申請書内容に関する確認が十分できないことがあります。 また、外部委託による申請書添削(専任教員のみ)に申し込みをされている方には、別途締切日のご案内をしています。

(3)研究種目について

日本学術振興会ホームページより、ご確認ください。

文部科学省
  • 新学術領域研究
  • 特別研究促進費
日本学術振興会
  • 特別推進研究
  • 基盤研究(S・A・B・C)
    ※従来の若手研究(A)は、基盤研究に統合されました。
  • 挑戦的研究(開拓・萌芽)
  • 若手研究
    ※従来の若手研究(B)です。
  • 研究成果公開促進費(*紙媒体での書類提出)
    (国際情報発信強化・研究成果公開促進費(学術図書・データベース)

科研費申請のための学内ページについて

申請に役立つページの紹介や、昨年度採択課題計画調書の一部を公開しています。申請書作成の際の参考に、ご活用ください(学内者専用ページ)。

計画調書提出先・問い合わせ先

横浜キャンパス

研究支援課(1号館3階) 担当:阿部・近藤(内線4803)

湘南ひらつかキャンパス

平塚研究支援課(11号館) 担当:小川・風間(内線3023)

このページのトップへ

ルール・様式・収支簿(学内者用)

詳細は、認証ページ内(学内者専用)別ウインドウで開きます でご確認ください。

採択状況

関連機関ホームページ

お問い合わせ
神奈川大学 研究支援部研究支援課

TEL : 045-481-5661045-481-5661[内線4804]

FAX : 045-481-2764

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ