• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

科学研究費助成事業

科学研究費助成事業は、わが国の学術を振興するため、人文・社会科学から自然科学まであらゆる分野における優れた独創的・先駆的な研究を格段に発展させることを目的とする研究助成費で、大学等の研究者または研究者グループが自発的に計画する基礎的研究のうち、ピア・レビューにより学術研究の動向に即して、特に重要なものを取り上げ、その研究費が助成されるものです。大学等の学術研究を推進し、わが国の研究基盤を形成するための基幹的な経費とされています。

お知らせ

「平成30年度科学研究費助成事業-科研費-(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))」

従前の「海外学術調査」を見直し、国際共同研究を強化する観点から、研究対象を従来のフィールド調査等に限定せず、一般化したものです。

申請書類の学内提出期限
平成30年5月17日(木)
提出先および問合せ先
研究支援部研究支援課(横浜キャンパス)内線 4803
研究支援部平塚研究支援課(湘南ひらつかキャンパス)内線 3023

詳細は日本学術振興会ホームページ別ウインドウで開きます でご確認ください。

平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の公募について

前年秋の募集時期に応募できなかった研究者が1人で行う研究計画であって、その研究活動のスタートを支援することにより、将来の発展が期待できる優れた着想を持つ研究計画を助成する事業です。 本研究の申請には、科学研究費助成事業の研究者番号が必要になりますので、申請を希望される方は4月11日(水)までに研究支援部にお申し出ください。
また、下記の応募要件(B)で応募する方も4月11日(水)までに研究支援部にお申し出ください。

応募資格

本研究種目に応募する者は、科学研究費助成事業の応募資格を有するほか、次のA)又はB)のいずれかに該当することが必要です。

A)文部科学省及び日本学術振興会が平成29年9月に公募を行った研究種目の応募締切日(平成29年11月8日)の翌日以降に科学研究費助成事業の応募資格を得たため、当該研究種目に応募できなかった者

B)平成29年度に産前産後の休暇又は育児休業を取得していたため、文部科学省及び日本学術 振興会が平成29年9月に公募を行った研究種目に応募できなかった者

研究計画調書について

「完全電子申請」になりますので紙媒体での提出は必要ありませんが、下記提出期限までに科研費電子申請システムにて応募書類を作成し、送信してください。

提出期限:4月20日(金)

事前相談なく期限までに送信されない場合は申請しないものとして取り扱います

計画調書提出先・問い合わせ先

横浜キャンパス

研究支援課(1号館3階) 担当:椎野(内線4799)

湘南ひらつかキャンパス

平塚研究支援課(11号館) 担当:風間(内線3023)

このページのトップへ

ルール・様式・収支簿(学内者用)

詳細は、認証ページ内(学内者専用)別ウインドウで開きます でご確認ください。

採択状況

関連機関ホームページ

お問い合わせ
神奈川大学 研究支援部研究支援課

TEL : 045-481-5661045-481-5661[内線4804]

FAX : 045-481-2764

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ