メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第84号 目次

  1. 評論の言葉

    社会の希望に向けて兼子 良夫

  2. 特集=社会の希望――格差と不寛容社会のなかから

  3. 特別インタビュー

    不寛容社会と希望――デモクラシーの現在辺見 庸(聞き手・編集専門委員会)

  4. 特集評論

    • 若者の就労問題――仕事の「ブラックボックス化」の克服に向けて本田 由紀

    • 高齢期の貧困をめぐって平岡 公一

    • 市民社会の革新と若者の社会運動――SEALDsが開示した地平佐藤 学

    • つながりの喪失と再生にむけて――失業者のメンタルヘルス調査を中心に廣川 進

    • なぜ福井がモデルなのか?――最悪が最善を生み出すサイクル藤吉 雅春

    • 子どもの貧困――ワーキングプアの視点から戸室 健作

    • 「生きづらさ」からパナマ文書まで・雨宮 処凛

    • ロストジェネレーションの「労働」と文学――小山田浩子を中心に矢澤 美佐紀

  5. さんざめく種佐川 亜紀

  6. 講演記録

    辺野古の海、大浦湾で起こっていること目取真 俊

  7. 連載ルポタージュ

    沖縄の軍事的性暴力(3)―ある写真家の変遷―川田 文子

  8. 連載評論

    改正を言う前に考えるべきこと(6)―基本的人権は、どのように保障されることになったか(承前)―橘川 俊忠

  9. 書評

    • 萩原金美著『検証・司法制度改革Ⅱ――裁判員裁判・関連して死刑存廃論を中心に』馬場 健一

    • 安彦忠彦著『教育史の中の内村鑑三』野原 明

    • 廣田律子編著『ミエン・ヤオの歌謡と儀礼』櫻井 龍彦

    • 小馬徹著『文化を折り返す――普段着でする人類学』、『フィールドワーク事始め――出会い、発見し、考える経験への誘い』石井 溥

    • 小林孝吉著『原発と原爆の文学――ポスト・フクシマの希望』原 千代

  10. 論壇時評

    知性の政治は可能か――英国のEU離脱と分断する社会丸山 茂

  11. コラム

    正岡子規 人生のことば その39復本 一郎

  12. 歴史の証言

      古文書の語る時代と社会(79)――文字記録のバイアスと口承のゆらぎ後田多 敦

    • 第85号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記小馬 徹・荏原 直子・白取 祐司

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ