メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第74号 目次

  1. 評論の言葉

    「衣食足りて礼節を知る」中島 三千男

  2. 巻頭エッセイ

    罵詈雑言悪態行進中沢 けい

  3. 特集=歴史と思想―20世紀再考から未来へ

  4. 対談

    歴史と思想―「3.11」から未来へ松浦 寿輝、大澤 真幸

  5. 評論

    • 歴史と思想―20世紀を見つめ直す入江 昭

    • リベラリズムの想像力仲正 昌樹

    • 『魔の山』の世紀―「中欧」と「間ヨーロッパ」、そして「東欧」小島 亮

    • 苦海と浄土―もう一つの「負債」論―佐藤 泉

    • 日本の政党を考える―歴史・思想的側面に光をあてながら―大川 千寿

    • 原爆の死者たちと既成の宗教思想・政治文化
      ―『希望(エスポワール)』創刊者・河本英三の原爆小説を読む―高良 留美子

    • 「歴史と思想」を語ることは可能か尹 健次

    • 社会理論としてのレギュラシオンアプローチ丸山 茂

    • 村上春樹の「文化(カルチュアズ)」と閻連科の「文化(カルチュア)」―歴史思想としての文化概念小馬 徹

    • 戦後の日本と今後の日本的場 昭弘

    • 未来への地図岡島 弘子

    • EUのストレステストと新エネルギー戦略
      ―駐日EU代表部バーバラ・ローデ公使参事官の講演を聴講して―石井 伸一

  6. 研究の周辺

    南薫造『従軍日記』の図版検証―戦前絵葉書の美術史拾遺―彭 国 躍

  7. 書評

    • 桜井邦朋著『日本人の知的風土』今田 忠彦

    • 安彦忠彦編著『子どもの発達と脳科学―カリキュラム開発のために』田中 統治

    • 鳥越輝昭著『表象のヴェネツィア―詩と美と悪魔』巽 孝之

    • セルバンテス著・岩根圀和訳『新訳 ドン・キホーテ 前後編』石井 美樹子

    • 川島秀一著『津波のまちに生きて』花部 英雄

    • 小林仁・川瀬博・石川孝之著『池子の森のエコフィロソフィ』東郷 佳朗

    • ムンシ・ロジェ・ヴァンジラ著『村上茂の伝説
      ―カトリックへ復帰した外海・黒崎かくれキリシタンの指導者』クネヒト ペトロ

  8. 論壇時評

    われわれは、いつまで錯覚の中を生きなければならないのか橘川 俊忠

  9. コラム

    正岡子規 人生のことば その29復本 一郎

  10. 歴史の証言

    • 古文書の語る時代と社会(69)
      永禄元年(一五五八)十月吉日夏年貢等注文―二神司朗家文書―前田 禎彦

    • 第75号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記天野 力、小森田 秋夫、橘川 俊忠

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ