メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第60号 目次

  1. 評論の言葉

    海外神社の跡地中島 三千男

  2. 巻頭エッセイ

    消えた庭―パブリックアートの一隅酒井 忠康

  3. 特集・戦後思想再考―「新しい戦争の世紀」から

  4. 対談

    • 戦後史のなかの日本―アジアとつながる思想をめぐって辻井 喬、尹 健次

    • 戦後史への疑問酒井 直樹

    • 戦後思想の功罪的場 昭弘

    • 東アジアとの歴史的対話への道早瀬 晋三

    • 竹内好と指導者なしの「近代」佐藤 泉

    • ポストモダンと高度消費社会—1980年代は転換点だったのか?間々田 孝夫

    • 「戦争の世紀」のフェミニズム竹村 和子

    • 戦後歴史学と網野善彦の原点盛本 昌広

    • 離島の離島―施政権返還期における沖縄論の一こま泉水 英計

    • 1945年のノーマンズランド―堀田善衞たちの上海体験紅野 謙介

  5. 探す人高良 留美子

  6. 講演記録

    口語調俳句について金子 兜太

  7. シンポジウム記録

    俳句の読みについて宇多 喜代子、大串 章、金子 兜太、黛 まどか、神野 紗希、復本 一郎

  8. 書評

    • 神奈川大学米田吉盛伝編集委員会編
      『教育は人を造るにあり―米田吉盛の生涯』齊藤 研也

    • 緑川清春 『メインバンク関係と企業救済』伊藤 修

    • 鈴木芳徳 『グローバル金融資本主義』鳴瀬 成洋

    • 新・フェミニズム批評の会編 『明治女性文学論』鈴木 正和

    • 的場昭弘 『超訳 資本論』川村 哲也

    • 宇京頼三 『フランス‐アメリカ―この〈危険な関係〉』中田 豊

    • 神奈川大学人文研究所『在日外国人と日本社会のグローバル化』渡戸 一郎

    • 神奈川大学広報委員会編
      『17音の青春2008―五七五で綴る高校生のメッセージ』村井 丈美

  9. 論文

    戦後断絶期の中国観1946―1952(4)田畑 光永

  10. 論壇時評

    思想問題としての戦後橘川 俊忠

  11. 経済時評

    経済を読む(3)「抜け駆け」の経済学鈴木 芳徳

  12. コラム

    正岡子規  人生のことば 第15回復本 一郎

  13. 歴史の証言

    • 古文書の語る時代と社会(56)
      民間に齎されたまじない―大雑書にみる「 急如律令」―三村 宜敬

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第61号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記大澤 定順、水上 晃、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ