メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第56号 目次

  1. 評論の言葉

    イギリス王室が生き延び、英語が国際語になったわけ石井 美樹子

  2. 巻頭エッセイ

    学究と愛蔵書紀田 順一郎

  3. 特集・日本近代<知>の巨人たち—時代に屹立する精神

  4. 座談会

    • 近代、日本、知をめぐって—<近代>という同時代を生きる米谷 匡史、安藤 礼二、後藤 仁

    • 北村透谷—近代日本における平和運動の黎明尾西 康充

    • 南方熊楠—自在なれば人とならず飯倉 照平

    • 内村鑑三—「正しい位置に心を置いた人」新保 祐司

    • 平塚らいてう—「新しい女」からジェンダーの未来へ岩見 照代

    • 折口学から中国芸能を解く廣田 律子

    • 田中正造—社会運動と民衆の思想小松 裕

    • 独我の追求—子規と不折、そして為山松井 貴子

    • 陸羯南と俳句のことなど復本 一郎

    • 長谷川如是閑—ジャーナリストの精神と時代古川 江里子

    • 高群逸枝の家族論再考—家族の再生は可能か山下 悦子

  5. 砂漠の国ナミビア高橋 順子

  6. 研究の周辺

    ローマ条約調印五〇周年に想う石井 伸一

  7. 連載

    途上を生きた人々の系譜第一二回 虚構の彩色法—難波田史男—三本松 倫代

  8. 講演記録

    • 世界と向き合う日本文学宮内 勝典

    • アイルランド紀行伊藤 克敏

  9. 書評

    • 伊坂青司ほか編『ドイツ・ロマン主義研究』水田 恭平

    • 藤岡美恵子ほか著『国家・社会変革・NGO—政治への視線/NGO運動はどこへ向かうべきか』阿部 浩己

    • 高良留美子『崖下の道』佐川 亜紀

    • 赤坂憲雄『民俗学と歴史学—網野善彦、アラン・コルバンとの対話』石倉 敏明

    • 伊藤喜栄『教養としての地歴学—歴史のなかの地域』小馬 徹

    • 湯田豊『ツァラトゥストラからのメッセージ』鈴木 修一

  10. 評論

    グローバリゼーションと歴史学—二十一世紀歴史学の行方中村 政則

  11. 論壇時評

    日本という国の愛し方的場 昭弘

  12. コラム

    日々是川柳的 第一回 「見えないけれどあるんだよ」新垣 紀子

  13. 歴史の証言

    • 古文書の語る時代と社(52) 裁判所未設置始末記—島に裁判所がなかった頃の話—高江洲 昌哉

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第57号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記永野 善子、天野 力、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ