メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第51号 目次

  1. 評論の言葉

    もったいない山口 建治

  2. 巻頭エッセイ

    AFRICA—A Personal EssayC・W・ニコル、森洋子 訳

  3. 特集 アフリカ 他者の声——人類史を流れるもの

  4. 対談

    文字と無文字、音、声、民話をめぐって—アフリカ社会から見る—川田 順造、四方田 犬彦

  5. 評論

    • 見るアフリカ、見られるアフリカ—アフロ・ペシミズムの系譜—勝俣 誠

    • アフリカ女性のイメージの回復を求めて—文学と歴史の声に—楠瀬 佳子

    • アパルトヘイトの亡霊—南アフリカのエイズ対策の遅れと否認主義—牧野 久美子

    • 自然環境保護と教育の問題—アフリカ 開発と文化—鈴村 博

    • アフリカで生成する新しい都市音楽鈴木 裕之

    • 木霊する森—ピグミーと精霊—分藤 大翼

    • カラー・バーが消えるとき—ゴーディマ文学の行方—福島 富士男

    • スワヒリ語は諸民族語の記憶を負えるのか—タンザニアにおける「超民族語」とその他の諸民族語の相克—竹村 景子

    • E-Pのちブローデル—「歴史学としての人類学」とアフリカ—小馬 徹

    • アジョジェ・ロドゥン “Ajoje l’odun”ウォレ・ショインカ、川田 順造 訳

  6. 短編小説

    半分のぼった黄色い太陽—Half of a Yellow Sun—チママンダ・ンゴズィ・アディチェ、くぼたのぞみ 訳

  7. 天—マジシとの対話—白石 かずこ

  8. 特集随想

    • ブラジルのなかのアフリカ板垣 真理子

    • 援助・誘惑・悪夢—日本とアフリカの悩ましい関係—岡崎 彰

    • ある日、飛行機の中で稲場 雅紀

    • 内戦の真実を伝える—作家アマドゥ・クルマの場合—元木 淳子

    • アフリカろう者の昔話—手話に刻まれた歴史をたずねて—亀井 伸孝

    • 無言の向こう側へ舩田クラーセンさやか

  9. 連載

    • 途上を生きた人々の系譜

    • 第七回 夢と現実の織り物—牧野信一—柳沢 孝子

  10. 講演記録

    • 『血と骨』—自我と他者について—梁石日

    • 随想

    • 故ローマ法王ヨハネ・パウロ二世を偲ぶ石井 伸一

    • 米国・バークレーのノーマリゼーション—オーティズム児への療育を通して—門野 晴子

  11. 書評

    • 的場昭弘著『マルクスを再読する』『マルクスだったらこう考える』川村 哲也

    • 西尾孝司著『ベンサムの幸福論』湯田 豊

    • 復本一郎著『日野草城—俳句を変えた男』室生 幸太郎

    • 阿部珠理著『アメリカ先住民—民族再生にむけて』佐藤 壮広

    • 田口麦彦著『川柳練習帳』江畑 哲男

    • 伊藤克敏著『ことばの習得と喪失—心理言語学への招待』佐藤 裕美

    • 丸山茂著『家族のメタファー—ジェンダー・少子化・社会』青竹 美佳

    • 石黒敏明著『米国留学紀行—英語教師の視点から』橋本 侃

    • 石井美樹子著『聖母のルネサンス—マリアはどう描かれたか』小池 寿子

  12. 論壇時評

    <自己> と <他者> —植民地主義が生んだ、戦後日本の “病”— 尹 健次

  13. コラム

    • 正岡子規 人生のことば その九復本 一郎

    • 川柳で読む20/21世紀 第一一回「パンになれ・90秒の意味・アフリカの王」田口 麦彦

    • 歴史の証言 古文書の語る時代と社会48 幕末動乱と英国難破船漂着大林 綾

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第52号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記大澤 定順、天野 力、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ