メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第46号 目次

  1. 評論の言葉

    いまこのときにある未来阿部 浩己

  2. 巻頭エッセイ

    魚と人間中山 千夏

  3. 特集 社会空間の変容——“脱”〈家族・婚姻・セクシュアリティ〉の時代

  4. 座談会

    現代家族の風景——“脱”〈家族・婚姻・セクシュアリティ〉をめぐって藤原 智美、佐伯 順子、丸山 茂

  5. 評論

    • 男女共同参画社会という幻想神尾 真知子

    • 労働と"脱"男女の現実横山 文野

    • パリテと市民の性差—フェミニストたちの問いとフランス社会の変容—石田 久仁子

    • アメリカの家族と社会 ポスト近代家族のゆくえ千田 有紀

    • セクシュアル・マイノリティと社会空間の変容—性同一性障害をかかえる人々の社会運動の実践と社会の対応—松村 比奈子

    • 無限の犯罪連想ゲームのなかの性と外国人の排斥要友 紀子

    • 生物学から見た"脱"男性性・女性性水島 希

  6. 幸福の谷 たそがれにゆめにみるよのさいわいを淺山 泰美

  7. 研究の周辺

    • アーネスト・サトウの『英国策論』秋山 勇造

    • 日本研究者エンブリーの通訳—高知県人の佐野寿夫というひとについて— 内海 孝

  8. 連載

    途上を生きた人々の系譜 第二回言霊は滅びず—知里幸恵の魂は語る—チカップ美恵子

  9. 随想

    • 漢江(ハンガン)の初雪内橋賢悟

    • 美味しい「家族」鄭 暎惠

    • 同性パートナーの法的保障—なぜ必要といえるのか?—谷口洋幸

    • フェミニズムが性同一性障害/トランスジェンダーに出逢うために石田 仁

    • 車輪の下で本山央子

  10. 書 評

    • 諸田實著『フリードリッヒ・リストと彼の時代—国民経済学の成立』鈴木 芳徳

    • 復本一郎著『子規との対話』越後 敬子

    • 鈴木陽一編著『金庸は語る—中国武侠小説の魅力』岡崎 由美

    • 奥田宏子著『チョーサー 中世イタリアへの旅』河崎 征俊

    • 福田アジオ著『近世村落と現代民俗』関口 博巨

    • 金哲雄著『ユグノーの経済史的研究』吉田 隆

  11. 座談会

    歴史問題と日中関係の現在曹 振威、大里 浩秋、孫 安石、田畑 光永

  12. 論壇時評

    崩壊する家族、それとも進化する家族?的場 昭弘

  13. コラム

    • 正岡子規・人生のことば その四復本 一郎

    • 川柳で読む21/20世紀 第六回「脱家族・脱婚姻・脱セクシュアリティ」田口 麦彦

  14. 歴史の証言

    • 古文書の語る時代と社会(44) 大正初期の魚の流通事情越智 信也

    • パリ・コミューンを生きた人々(39) 国民衛兵司令官・ベルジュレ高橋 則雄

    • 神大ノート

    • 執筆者紹介

    • 第47号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記後藤 政子、梶山 妙子、丸山 茂

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ