メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第40号 目次

  1. 評論の言葉 生命価値という価値観

  2. 特集・未来社会へのマニフェスト

  3. 評論

    • 座談会 9・11から未来社会へ
      —「失われた一〇年」と日本社会—岩崎 稔、吉見俊哉、永野善子

    • 国際政治と国際社会
      —グローバリゼーション時代における平和研究の課題—北沢洋子

    • 人種差別・南北問題・寛容
      —反人種主義・差別撤廃世界会議が残した課題—藤岡美恵子

    • ポスト現代のマルクスと未来社会
      —新しい社会運動と抵抗の可能性を求めて—的場昭弘

    • 現代思想の課題としての未来社会山下範久

    • 未来社会の選択としての教育改革苅谷剛彦

    • 科学技術と社会の未来佐倉 統

    • 司法の未来
      —『司法制度改革審議会意見書—21世紀の日本を支える司法制度—』をどう読むか—萩原金美

    • 「家族の世紀」の終わり —深化するデモクラシー—丸山 茂

    • 詩 来た人山崎るり子

  4. 研究の周辺

    • 父の家 —チョーサーの原風景—奥田宏子

    • ポストコロニアルの現場としての自治体—『田主丸町誌』を書いて—小馬 徹

  5. 随 想

    ロンドン・グローブ座の「地球を和紙で包みたい」に参画して石井美樹子

  6. 正岡子規没後一〇〇年記念特集・正岡子規の革新性

    • 子規と碧梧桐金子兜太

    • 子規と高浜虚子 —「俳句」と「発句」—川崎展宏

    • 子規と夏目漱石 —荷物ぬらすな風引くな—坪内稔典

    • 子規と左千夫 —革新とは、虚妄ではなかったか—岡井 隆

    • 子規と陸羯南・その葛藤復本一郎

    • 子規と中村不折 —「見る人」二人—櫂 未知子

    • 子規と森鴎外村上 護

  7. 書 評

    • 山口徹編 『瀬戸内諸島と海の道』田邉 悟

    • 古岩井嘉蓉子著 『物語とことばのインターフェイス』久米晶文

    • 石井美樹子著 『ルネッサンスの女王エリザベス—肖像画と権力』田村南美子

    • 清水嘉治・石井伸一著 『新EU論—欧州社会経済の発展と展望』山中隆次

    • 的場昭弘著 『ポスト現代のマルクス—マルクス像の再構成をめぐって』村上俊介

    • 湯田豊著 『ブッダVSニーチェ』池上要靖

    • マイケル・J・マンデル著 石崎昭彦訳 『インターネット不況』清水嘉治

    • 稲津一芳著 『英語通信文の歴史』橋本光憲

    • 新井豊美詩集 『切断と接続』川口晴美

    • 岡島弘子詩集 『つゆ玉になる前のことについて』水野るり子

    • 菅原實著 『近代日本文学と文明批評』加藤三朗

    • 寺島萬里子写真集 『病癒えても—ハンセン病・強制隔離90年から人権回復へ』木村哲也

  8. 論壇時評

    国家の時代を考える橘川俊忠

  9. 歴史の証言

    • 伊予・二神文書 「二神村庄屋代々相續遺書之事」荒波 剛

    • 日本への伝播(3)高橋 則雄

    • 執筆者紹介

    • 第41号予告

    • バックナンバー一覧

    • 編集後記伊坂青司、高橋則雄、後藤 仁

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ