メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第37号 目次

  1. 評論の言葉 自己決定権のこれから山火正則

  2. 特集・世紀の終わり、世紀の始まり

  3. 評論

    • 座談会 世紀の終わり、世紀の始まり—思想・社会・論壇の現在をめぐって—橘川俊忠、丸山茂、的場昭弘、三宅芳夫

    • 二一世紀の資本主義・貨幣空間と社会仲正昌樹

    • アソシエーションをめぐって山城むつみ

    • 環境の新世紀—循環型社会への移行—松本安生

    • 世紀末家族と日本社会—家族の不確実性の再来—山田昌弘

    • 沖縄の「新」世紀—言葉の群れから—宮城公子

    • 美的仮象は終焉したのか—ポスト・アドルノ的な美的思考の行方—高橋順一

    • 詩 今はとても塔 和子

  4. 研究の周辺

    幕末・明治初期に外国人が発行した邦字新聞(一)ジョセフ・ヒコの『海外新聞』秋山勇造

  5. 随 想

    • リストカットor「死にたい」ごっこ川田文子

    • 学校制度にも規制緩和を杉谷嘉則

    • 整理整頓・計画反省小笠原 強

  6. 書 評

    • 萩原金美著『民事司法・訴訟の現在課題』大石忠生

    • 山口徹著『近世畑作村落の研究』松村 敏

    • 的場昭弘・内田弘・石塚正英・柴田隆行編『新マルクス学事典』渡辺雅男

    • 復本一郎著『俳句源流考』中森康之

    • 新井豊美著『近代女性詩を読む』川口晴美

    • 秋山勇造著『日本学者フレデリック・V・ディキンズ』剣持武彦

    • 小馬徹著『贈り物と交換の文化人類学—人間はどこから来てどこへ行くのか』東 靖晋

    • 森崎和江著『いのちへの手紙』岡島弘子

    • 田中正司著『アダム・スミスと現代』出雲雅志

    • 櫂未知子著『蒙古斑』片山由美子

    • 倉田清訳詩集『祈り—地上に平和を』鳥越輝昭

    • 井上理恵著『近代演劇の扉をあける—ドラマトゥルギーの社会学』長田光展

  7. 評 論

    スイスの学校にみられる豊かさを考える古岩井嘉蓉子

  8. インタビュー 草の根から見た日米関係の戦後五〇年(7)

    全米日系人博物館と米国社会の多様性アイリーン・Y・ヒラノ、聞き手 佐藤孝治

  9. 歴史の証言

    • 持方の「盲帳」樫村賢二

    • 印章に刻まれたパリ・コミューン高橋則雄

    • 執筆者紹介

    • 第38号予告

    • 編集後記林悦子、原中和繁、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ