メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第35号 目次

  1. 評論の言葉 民主主義と市民投票後藤 仁

  2. 特集・デモクラシー

  3. 評論

    • 座談会 デモクラシーの現在と二一世紀の課題加藤節、ダグラス・ラミス、山田 徹

    • デモクラシーの現在—承認の政治を中心に—千葉 眞

    • 民主主義の思想的源流関 曠野

    • 東欧の変革一〇年と「中欧」社会—民主化の功罪—羽場久ミ子

    • 天安門以後の中国とデモクラシー—女性の生活と身体をめぐる主体的決定—深尾葉子

    • 民主主義の古典と現代—吉野川民主主義・民主主義思想の原点、そして二一世紀の課題を問う—清水嘉治

    • 憲法とデモクラシー—ある小さな序説—奥平康弘

    • デモクラシー・シチズンシップ・帰属性大野達司

    • 「不正義感覚」を共有するフェミニズム—《女型権力》と構造的劣性を糸口として—笠間千浪

    • 詩 敵意小池昌代

  4. 講演記録

    歴史とユートピアの消滅辻井 喬

  5. 研究の周辺

    • 比較文化と異文化理解——試論ウィリアム・マコウミ、桜内篤子 訳

    • 忠臣蔵と西洋秋山勇造

  6. 随 想

    • デモクラシーから最も遠い国—アフガニスタン—森澤珠里

    • 学級崩壊—教師にできること—大澤定順

    • 南京レイプを記録した日記川田文子

  7. 書 評

    • 辺見庸著『独航記』西澤晃彦

    • 阿部浩己著『人権の国際化—国際人権法の挑戦』久保敦彦

    • 網野善彦著『古文書返却の旅』日露野好章

    • エレン・メイクシス・ウッド著、石堂清倫監訳『民主主義対資本主義』木村英亮

    • ディヴィット・トレンド編、佐藤正志他訳『ラディカル・デモクラシー
      —アイデンティティ、シティズンシップ、国家』竹尾 隆

    • 赤坂憲雄責任編集『東北学』第一号山本幸司

    • アラン・コルバン著『感性の歴史学—社会史の方法と未来』ビュテル・ジャン=ミシェル

    • アベリャネーダ著、岩根圀和訳『贋作ドン・キホーテ』橋本 侃

    • 藤田一成著『皇帝カルロスの悲劇—ハプスブルク帝国の継承』岡嶋千幸

    • 高原耕治著『虚神』生野 毅

  8. 追 悼

    宮田登先生の学問との出会い—ありし日の面影を偲んで—山口 徹

  9. 評 論

    民主主義を旅する—「民主主義」の旗手トクヴィルとJ・S・ミルとの出会い—中田 豊

  10. インタビュー 草の根から見た日米関係の戦後五〇年(5)

    強制収容所を越えた運命の分かれ道—中西部への移住・ヨーロッパの戦場—メアリー・エンタ、キャサリン・ササキ、ジョージ・ハマイ、聞き手 佐藤孝治

  11. 忘れられたマルクス研究家への墓標(6)

    『エンゲルス伝』の著者グスタフ・マイヤー(一八七一—一九四八)的場昭弘

  12. 論壇時評

    なぜ亡霊は何度も出現するか橘川俊忠

  13. 歴史の証言

    • 「漁師」の往来手形藤 隆宏

    • マルクスの娘婿たち高橋則雄

    • 執筆者紹介

    • 第36号予告

    • 編集後記松村敏、澤木武美、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ