メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第34号 目次

  1. 評論の言葉 ポスト現代の日本学宮田 登

  2. 特集・ポスト現代の社会科学

  3. 評論

    • 座談会 ポスト現代の社会科学—批判理論の可能性をめぐって—長原豊、テッサ・モーリス・鈴木、松本武祝

    • 岐路に立つカルチュラル・スタディーズ吉見俊哉

    • ポストコロニアルと社会科学姜尚中

    • 国家論の現在と国民国家の行方—「国民国家論」の立場から—西川長夫

    • ユートピスティクスの前提と実践—ポスト現代の社会科学としての世界システム論—山下範久

    • マルクス主義の崩壊と社会科学の可能性—ハイエク、セン、アナリティカル・マルキシズム—高増 明

    • マルクスから複雑系まで塩沢由典

    • ポスト現代の法理論棚瀬孝雄

    • 一九六〇年代の沖縄表象と島尾敏雄の「ヤポネシア」鈴木直子

    • 詩 座る木坂 涼

  4. 講演記録

    民族歴史学と感性の歴史—歴史の一手法—アラン・コルバン、渡辺響子 訳

  5. 研究の周辺

    • 中島湘煙の『善悪の岐』秋山勇造

    • 夢と挫折と岡嶋千幸

  6. 随 想

    • 詩と俳句—それぞれの青春性—深澤忠孝

    • 《開港期の横浜・世界が見た日本展》を終えて吉田 隆

    • 「社会主義」と私的所有野口英次

  7. 書 評

    • 加藤節著『政治と知識人—同時代史的考察』尹 健次

    • 間宮陽介著『同時代論—市場主義とナショナリズムを超えて』中村平八

    • 丸山茂著『家族のレギュラシオン』橘川俊忠

    • レネイ・フォックス他著、森下直貴他訳『臓器交換社会』岡野哲士

    • 山本博史著『タイ糖業史—輸出大国への軌跡』永野善子

    • 網野善彦著『女性の社会的地位再考』三宅義子

    • 宮田登著『都市とフォークロア』亦野あゆみ

    • 石井美樹子著『挑まれる王冠—イギリス王室と女性君主』西堀純子

    • 復本一郎著『俳句から見た俳諧—子規にとって芭蕉とは何か』仁平道明

    • 高良留美子詩集『風の夜』水野るり子

  8. フランスの家族と社会(6)

    PACS—同性愛の制度的承認か?丸山 茂

  9. 論壇時評

    ポスト現代の社会科学とは的場昭弘

  10. 歴史の証言

    • 「見物」と「信心」と織田寿文

    • セーヌ左岸のコミュナールたち高橋則雄

    • 執筆者紹介

    • 第35号予告

    • 編集後記鈴木修一、原中和繁、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ