メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第33号 目次

  1. 評論の言葉 ラテンアメリカ随想大林文彦

  2. 特集・ラテンアメリカの二〇世紀

  3. 評論

    • 座談会 ラテンアメリカの二〇世紀—戦争と革命の時代から新しい社会へ—武者小路公秀、清水透、後藤政子

    • 和平協定の理想と現実—中米「和平」以後の民衆と社会—狐崎知己

    • 政治化する「人種」と官製多文化主義—ブラジルにおけるナショナリズムと多人種・多民族性—鈴木 茂

    • チリ軍政下の人権侵害とピノチェー裁判吉田秀穂

    • ラテンアメリカの法と経済石井陽一

    • ラテンアメリカのフェミニズムと民主主義松久玲子

    • ニカラグアにおけるハリケーン・ミッチの政治学アレハンドロ・ベンダーニャ

    • ラテンアメリカの家族の現実—ネオリベラリズムの波にさらされて—奥山恭子

    • 二〇世紀とラテンアメリカ美術加藤 薫

    • ラテンアメリカにおける変革の可能性—「社会主義革命」と「新自由主義革命」の挫折から—後藤政子

    • 詩 ウジャウジャリイ小柳玲子

  4. 研究の周辺

    • 仮名垣魯文の『葉武列土』と『葉武列土倭錦絵』秋山勇造

    • 資料の収集と保管出来成訓

  5. 随 想

    • 近いうちに行こうと思っている国青木康征

    • クレオールの語り方—ポルトガル語圏の場合—市之瀬 敦

    • 観光と信仰—現代キューバで活性化するサンテリーア—工藤多香子

    • 柳宗悦と現代の蒐集家たち鈴木 隆

  6. 書 評

    • 間宮陽介著『丸山眞男』三宅義子

    • 齊藤実著『アメリカ物流改革の構造—トラック輸送産業の規制緩和』中田信哉

    • 藤田勇著『自由・平等と社会主義—一八四〇年代ヨーロッパ〜一九一七年ロシア革命』中村平八

    • 沢田幸治著『再生産論と現状分析』海道勝稔

    • 安里英子著『琉球弧の精神世界』奥濱幸子

    • 田中弘著『原点復帰の会計学—通説を読み直す』津守常弘

    • 小田切秀雄著『中野重治—文学の根源から』高野庸一

    • 『沖繩を読む』石坂蔵之助

    • ジェニファー・ハーバリー著、中川聡子他訳『勇気の架け橋』飯田敏彦

    • 宇波彰著『デザインのエートス—<人>と<物>のアイデンティティをめぐって』綾目広治

  7. 評 論

    イタリアの政治変革とユーロ参加石井伸一

  8. 論壇時評

    「ラテンアメリカ」という言説を読み解く的場昭弘

  9. 歴史の証言

    • 歴史史料となった民俗調査資料津田良樹

    • 葬儀通知高橋則雄

  10. 連載評論・現代経済学と人間(19)

    • 政治と言語——日の丸・君が代問題に寄せて間宮陽介

    • 執筆者紹介

    • 第34号予告

    • 編集後記松村敏、高橋則雄、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ