メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第28号 目次

  1. 評論の言葉 倒叙法——「現在」を解読する歴史の窓石積 勝

  2. 特集・歴史と歴史観—九〇年代日本社会の現在

  3. 評論

    • 対談 九〇年代日本社会と歴史観—歴史学と民俗学網野善彦、赤坂憲雄

    • 歴史観と民俗学宮田 登

    • 司馬文学と歴史学—『峠』を中心に(上)—中村政則

    • 歴史観と「慰安婦」問題、そして国民国家—上野千鶴子「記憶の政治学」を検討する—上杉 聰

    • 通州事件の謎—戦争の歴史と事実—山中 恒

    • 家永教科書裁判と歴史の事実常石敬一

    • 「従軍慰安婦」問題の歴史と事実川田文子

    • 歴史の終焉、そして再生山本幸司

    • 学校教育と教科書問題—「墨塗り」の思想について—岡村遼司

    • 家庭科教科書問題と家族の多様化朴木佳緒留

    • 詩 売市の女福井桂子

  4. 研究の周辺

    三遊亭円朝とモーパッサン秋山勇造

  5. 随 想

    • 朝鮮人「慰安婦」を生み出した背景としての植民地期の教育問題金富子

    • 中国体験二つから日野範之

    • いま最も怖い話—沖縄戦の教訓—宮城晴美

    • 「あの風景」をめぐって—「女の子」をつくる学校・社会—入江直子

  6. 書 評

    • 『高島善哉著作集』山中隆次

    • 川田文子著『インドネシアの「慰安婦」』山崎ひろみ

    • 川元祥一著『開港慰安婦と被差別部落』三宅義子

    • 鈴木裕子著『戦争責任とジェンダー—「自由主義史観」と日本軍「慰安婦」問題—』河上婦志子

    • 関曠野著『歴史の学び方について—「近現代史論争」の混迷を超える—』松本祝武

    • 桜井邦朋著『科学の発見はいかになされてきたか』宇佐見義之

    • 川田昇著『イギリス親権法史—救貧法政策の展開を軸にして—』森田 明

    • 清水誠著『法と法律家をめぐる思索』名和田是彦

    • 廣田律子著『鬼の来た道』福満正博

    • ジェフリー・S・アイリッシュ著『アイランド・ライフ—海を渡って魚師になる— 甑 島日記—』高桑史子

    • スタール婦人著、佐藤夏生訳『コリンナ——美しきイタリアの物語』鳥越輝昭

    • 伊坂青司他編著『シェリングとドイツ・ロマン主義』伊東多佳子

    • 鈴木隆著『ライフワーク発見法』真下俊夫

  7. 評 論

    グローバリゼーションと国際化石井伸一

  8. インタビュー 草の根から見た日米関係の戦後五〇年(3)

    日系人収容所体験者の戦後五〇年—「広島」と日系人収容所体験の狭間で—永田敏夫、聞き手 佐藤孝治

  9. フランスの家族と社会(3)

    離婚という現実丸山 茂

  10. 忘れられたマルクス研究家への墓標(2)

    処刑されたマルクス・エンゲルス研究所所長リャザノフ(一八七〇—一九三八)的場昭弘

  11. 論壇時評

    日本は本当にダメか橘川俊忠

  12. 歴史の証言

    • 欄外の森有礼中野 実

    • パリ・コミューンと墓地高橋則雄

  13. 連載評論・現代経済学と人間(16)

    • 知識人ナショナリズムの心理と生理間宮陽介

    • 第29号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記丹野勲、澤木武美、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ