メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第25号 目次

  1. 評論の言葉 「内なるアジア」の意味尹 健次

  2. 特集・沖縄・アジアからの戦後半世紀

  3. 評論

    • 巻頭座談会 沖縄・アジアの戦後と日本—沖縄問題の提起したもの—新崎盛暉、姜尚中、萩原金美

    • 戦後半世紀とアジアの未来郭 承敏

    • 沖縄、土地の記憶—パトリオティズムの思想—屋嘉比収

    • 琉球文化の可能性高良 勉

    • 南のざわめき・他者の眼差し—沖縄文学の可能性—山里勝己

    • 琉球弧の精神世界安里英子

    • 国家主権より人権へ—沖縄女性の人権の視点から—内海(宮城)恵美子

    • 日本と朝鮮の戦後五〇年滝沢秀樹

    • 時間・歴史・世界認識—竹内好『現代中国論』を半世紀ぶりに読む—小林一美

    • 戦争と性とアジア—インドネシアの「慰安婦」問題—川田文子

    • 詩 無蔵よ仲地裕子

  4. 研究の周辺

    地方消費税問題の量と質渡辺精一

  5. 随 想

    • オキナワ“こころの旅”江崎 玄

    • 今ただ心に響くこと—沖縄うねりのなかで—平良次子

    • 暮らしと祈り—神と人が融合する島空間—奥濱幸子

    • 邦訳聖書の文章の多様さについて渡邊達夫

    • 文学におけるマイノリティとアイデンティティー—沖縄の文学作品にふれながら—石坂蔵之助

    • 巫女幻視行赤羽敬夫

  6. 書 評

    • 梅津順一・諸田實編著『近代西欧の宗教と経済—歴史的研究—』小林 純

    • 川元祥一著『日本文化の変革—周縁からのメッセージ—』山本幸司

    • 高良勉著『琉球弧(うるま)の発信—くにざかいの島々から—』田場由美雄

    • 日本の自然・地域編8『南の島々』渡久地健

    • 高里鈴代著『沖縄の女たち—女性の人権と基地・軍隊—』河上婦志子

    • 森崎和江・簾内敬司著『原生林に風が吹く』羽生槙子

  7. インタビュー草の根から見た日米関係の戦後五〇年(1)

    日系アメリカ社会と人権問題ディーン・イトウ・テイラー、聞 き 手  佐藤孝治

  8. 忘れられたマルクス研究家への墓標(1)

    マクシミリアン・リュベル(一九〇五—一九九六)的場昭弘

  9. 論壇時評

    夫婦別姓のシチュアシオン丸山 茂

  10. 歴史の証言

    • 人身売買をめぐって関口博巨

    • 国民衛兵の軍事指揮をめぐって高橋則雄

    • 第26号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記星野澄子、井上孟、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ