メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第24号 目次

  1. 評論の言葉 市民はテレビをとり戻せるのか?田島泰彦

  2. 特集・世紀末という時代風景—科学・自然・生命の現在

  3. 評論

    • 巻頭座談会 世紀末という時代風景—科学と自然、宗教と生命をめぐって山折哲雄、荒川 絋、常石敬一

    • 水俣病四〇年と戦後社会原田正純

    • 薬害エイズと医学・医療の倫理遅塚令二

    • HIV感染者のカウンセリング—告知前・後の面接とターミナルケア—金子寿子

    • 『らい予防法』廃止へのにわかな動きはなぜか成田 稔

    • 大学の役割とその変貌—近未来における理工系の研究と教育桜井邦朋

    • 科学者とオウム真理教常石敬一

    • もんじゅ事故の世界史的意味吉岡 斉

    • 家族の世紀末山田昌弘

    • 詩 ダブル/ダブル川口晴美

  4. 講演記録

    いじめ社会と人間鎌田 慧

  5. 研究ノート

    EU通貨統合は実現するか清水嘉治

  6. 研究の周辺

    • 漫画の笑いに人間の発見を古岩井嘉蓉子

    • 規制緩和の誤解と理解菅原晴之

  7. 随 想

    • あるHIV感染者の何気ない生活のひとコマ(告知)

    • らい予防法の廃止に想う高瀬重二郎

    • らい予防法は廃止されたが谺 雄二

    • 忘却に対する記憶の闘い—日韓文学交流の現状と課題—愛沢 革

    • 妄想という名の宗教について吉田 隆

  8. 書 評

    • ベアテ・シロタ・ゴードン著『1945年のクリスマス』奥田宏子

    • 香月洋一郎著『山に棲む—民俗誌序章—』田口洋美

    • 伊藤修著『日本型金融の歴史的構造』鈴木芳徳

    • 神奈川大学人文学研究所編『ヨーロッパの都市と思想』山崎 純

    • 宮田登著『ケガレの民俗誌—差別の文化的要因—』川元祥一

    • 水谷雅一著『経営倫理学の実践と課題—経営価値四原理システムの導入と展開—』小林俊治

    • 清水嘉治著『世界経済の統合と再編』出水宏一

    • 創造の会編『追悼 平田清明 学問文芸共和国』大田一廣

    • 網野善彦著『日本中世史料学の課題』日露野好章

    • 奥泉清・佐藤秀夫編著『90年代の世界経済』鳴瀬成洋

    • 井上泰夫著『<世紀末大転換>を読む—レギュラシオン理論の挑戦—』丸山 茂

  9. 論壇時評

    崩壊した職業倫理橘川俊忠

  10. 評 論

    • 在日外国人と地域社会からの国際化—川崎市に見る共生への動向—石井伸一

    • ロシア極東地域の経済の現状小川和男

  11. 歴史の証言

    • 「門松廃止」問題及川清秀

    • 住宅問題高橋則雄

    • 第25号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記鈴木修一、丸山 茂、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ