メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第18号 目次

  1. 評論の言葉 「わが国の価格体系」一考衣笠洋輔

  2. 特集・変容する死と生のコスモロジー

  3. 評論

    • 座談会 変容する死と生のコスモロジー——死と生の現在岩田慶治、小池寿子、岡野哲士

    • 「死の作法」の今昔山折哲雄

    • 死から見たコスモロジー—人間と自然の未来—河野博臣

    • 宇宙的スケールで考える生命の誕生と寿命大島泰郎

    • 脳死問題の解決の方向—臓器移植法案の審議に向けて—中山研一

    • 「死」を論じ合う「方法」について—尊厳死、安楽死、脳死、中絶—森下直貴

    • 脳死・臓器移植と現代医療天笠啓祐

    • 死と生のコスモロジー?—新約聖書とその周辺—大貫 隆

    • 生命の誕生と死—個体の死をめぐる生物誌—竹内重夫

    • エイズと死の現在—歴史に見る疫病を考えつつ—松本正勝

    • 絶対隔離の時代におけるハンセン病患者の生きざま成田 稔

    • 高齢者と人権橋本宏子

  4. 特別インタビュー 金芝河氏に聞く

    変容する世界と生命の思想聞き手 任軒永、金潤 訳

  5. 同じ森に日は沈み・・・新川和江

  6. 研究の周辺

    外国人労働者と人権の問題石井伸一

  7. 私の研究

    「聞こえない音」の研究遠藤信行

  8. 随 想

    • プラトンの哲学と「死」の問題田坂さつき

    • エイズと現代—告知をめぐって—金子寿子

    • 死から生への転機横山佳子

    • 医療の場にいて思うこと大関ミヨ子

    • 実践の哲学と関係の哲学—廣松渉さんを追悼する—黒沢惟昭

    • 『『言海』完成祝宴の全記録』—百三年目の六月二十三日—鈴木 隆

  9. 書 評

    • 常石敬一著『医学者たちの組織犯罪—関東軍第七三一部隊』秦 郁彦

    • 網野善彦著『日本社会再考—海民と列島文化』河野通明

    • 安藝基雄著『一臨床医として生きて—現代日本の医療を問う』山本晴彦

    • 森崎和江著『いのちを産む』小林裕子

    • 白石かずこ著『ロバにのり、杜甫の村へゆく』木坂 涼

    • 湯田豊著『インド哲学のプロムナード』柏木弘雄

    • ミゲル・デリーベス著 岩根圀和訳『赤い紙』大林文彦

    • I・ツェリッシェフ著 中村平八訳『系列国家日本の逆襲』大澤定順

  10. 評 論

    • エリツィンの経済政策の失敗とその後—ロシア経済の現状—小川和男

    • クルディスタン—もうひとつの中東和平—岸田圭司

  11. 歴史の証言

    • 自分と百姓に相定め…—八王子千人同心の身分をめぐって—日露野好章

    • 公安委員会の設置をめぐって高橋則雄

  12. 連載評論 現代経済学と人間(11)

    • 自由主義の現状間宮陽介

    • 読者の声坂詰幸次郎

    • 第19号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記的場昭弘、土井英和、萩原金美

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ