メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第12号 目次

  1. 評論の言葉 リオ宣言を考える——地球市民のニーズで実践を——清水嘉治

  2. 特集・新アジア論——アジアの現在と日本

  3. 評論

    • 巻頭対談 変容する世界とアジア——アジアの現在と日本——小島晋治、西川潤

    • 戦後責任の現代性—ドイツと日本三島憲一

    • デタントに始まるアジアの胎動桶舎典男

    • アジアにおける人権問題——日本外交と人権——阿部浩己

    • アジアの環境問題と日本のODA——インドのシングローリ・プロジェクトを例として鷲見一夫

    • アジア自由貿易主義のすすめ——アジア経済発展論からみた——冨岡倍雄

    • アジアの経済開発とヒューマン・コスト——近代朝鮮経済史の視点から——松本武祝

    • アジアにおける社会主義・歴史と現在古田元夫

    • 韓国文学と民主化運動金 潤

    • 女たちのアジアと日本——フィリピンからの視点——永野善子

    • アジア芸術の可能性——中国の民衆と芸能——吉川良和

    • 大統領選にみるフィリピンの民主主義の発展カロリーナ・ヘルナンデス

  4. 文 芸

    • 詩 我らは港——荒波の日々に——永瀬清子

    • アジアの文学・文学のなかのアジア川村 湊

  5. アジアの諸相

    • 記憶のカンボジア——少女のポル・ポト時代——柳原和子

    • 『戦時外国人強制連行関係史料集』を刊行して林えいだい

    • アジアの女性労働者広木道子

    • アジア経済と日本企業田中則仁

    • 中国における学問の貧困鈴木陽一

    • 国家の統合と少数民族問題後藤 晃

    • 反スチンダー運動とタイの民主化山本博史

  6. 随 想

    • アジア女性会議納米恵美子

    • ACCUの識字事業の展開と識字教材の重要性田島伸二

  7. 研究の周辺

    • エイズとHIV——HIV/AIDSの血清サーベイランス報告を読んで——松本正勝

    • 現代アフリカ論序説——法と政治と経済の視点から——岡田昭男

  8. 書 評

    • 網野善彦著『海と列島の中世』松本健一

    • 小池昌代著『青果祭』古谷鏡子著『眠らない鳥』水野るり子

    • レナト・コンスタンティーノ編『日本の役割——東南アジア六カ国からの直言』丸岡洋司

    • 大河内一雄著『国策会社東洋拓殖の終焉』菅原晴之

    • ジョシア・A・フォーゲル著 阪谷芳直訳『中江丑吉と中国——一ヒューマニストの生と学問』小林一美

    • 石井美樹子著『神の道化師——聖ヨセフの肖像』黒川樟枝

    • マジシ・クネーネ著 竹内泰宏・くぼたのぞみ訳『アフリカ創世の神話——女性に捧げるズールーの讃歌』小馬 徹

  9. 歴史の証言

    • 水呑松太郎の所持した財産津田良樹

    • 「女性同盟」の活動高橋則雄

  10. 評 論

    梶村秀樹とアジア研究中村平八

  11. 連載評論 現代経済学と人間(5)

    • 株式会社と経済理論間宮陽介

    • 第13号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記大澤定順、郷田正萬、諸田實

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ