メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第11号 目次

  1. 評論の言葉 大学における生涯学習青木宗也

  2. 特集・女性学・フェミニズム——新しい価値の創造

  3. 評論

    • 巻頭対談 現代社会とフェミニズムの可能性——家父長制・家族・身体をめぐって——金井淑子、丸山茂

    • フェミニズムは何を求めるのか?——「性支配」論への覚え書き——江原由美子

    • 二〇世紀末の性について森崎和江

    • 姓から性へ——法女性学からの問いかけ——星野澄子

    • 九〇年代フェミニズムの創造へ——アメリカ女性学の中で考えた日本の課題——三宅義子

    • アリス・ウォーカーと女性解放運動岡島弘子

    • アルテミスの末裔たち——ロマンス文学と女性——奥田宏子

    • 女性問題・世界の流れ——主として国連の活動を中心に——有馬真喜子

    • フェミニズムとアファーマティブ・アクション河上婦志子

    • 性の不平等と男女平等の思想——新しい理論的視点を求めて——栗山馨

  4. 文 芸

    • 詩 モンテネグロのドン・キホーテへの手紙——ユーゴの作家ミオドラグ・ブラトーヴィッチへ捧ぐ——白石かずこ

    • 小 説 新しい町のような増田みず子

  5. 随 想

    • ペシミズムからの出発——「女はどこにいるのか」をめぐって——吉澤夏子

    • 夫婦別姓について羽生康二

    • 青鞜の女・柴田かよ鈴木芙美子

    • 女性学との出会い深瀬明子

    • 私の母とフェミニズム福井浅子

    • 闇の花の女たち森 冬実

    • 育児と仕事の間で浜崎すみ子

    • 女性行政のとりくみとフェミニズム高橋陽子

  6. 研究の周辺

    • フィールドワークの思想、思想のフィールドワーク小馬 徹

    • 一九・二〇世紀イギリスの職業教育と技術訓練——イギリス経済の低成長との関連で——山本 通

  7. 書 評

    • 小倉千加子著『セックス神話解体新書』『対談偽悪者のフェミニズム』大澤定順

    • 金城清子著『法女性学—その構築と課題』田島泰彦

    • 石井美樹子著『中世の食卓から』鳥越輝昭

    • 竹内泰宏著『少年たちの戦争』小畑精和

    • 清水嘉治著『転機にたつ世界経済』若森章孝

    • 伊藤修他著『昭和財政史』第一〇巻鈴木芳徳

    • 重田晴生著『アメリカ船主責任制限制度の研究』村上 順

    • 橋本宏子著『住民参加と法——アメリカにおける福祉サービスと行政手続き』安達和志

  8. 紹 介

    立石昌廣著『中國的服務經濟』と北京大学の学位授与システム中村平八

  9. 歴史の証言

    • 男女混泳が禁じられた海澤木武美

    • パリ・コミューンと女性たち高橋則雄

  10. 小特集・現代社会と企業

    • 現代企業の論理——企業資本主義のゆくえ——小林康宏

    • 企業と人間——経営倫理と経営労働をめぐって——水谷雅一

  11. 連載評論 現代経済学と人間(4)

    • 「大転換」の意味間宮陽介

    • 第12号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記冨岡倍雄

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ