メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第10号 目次

  1. 評論の言葉 世紀のはざまにて平田清明

  2. 特集・二〇世紀の光と闇

  3. 評論

    • 座談会 二〇世紀の光と闇—二〇世紀とは何であったか—伊東俊太郎、松下圭一、田中正司

    • 戦争と革命と社会主義と—二〇世紀の中国—小島晋治

    • ペレストロイカとロシア革命藤田 勇

    • 中東の栄光と挫折—ヨーロッパ文明との抗争史—冨岡倍雄

    • 二〇世紀資本主義とフォード主義山田鋭夫

    • 日本再考の一視点—地域の視座—網野善彦

    • 「戦後の終焉」と脱亜の心象地理姜尚 中

    • アヴァンギャルド理念の盛衰針生一郎

    • 二〇世紀とポーランド文学工藤幸雄

    • ロシア・ソビエトの二〇世紀と黙示録時代中本信幸

    • 虚ろな風景のエクリチュール—ひとつの始まり『パリュド』—大場恒明

    • 二〇世紀ラテン・アメリカ文学をめぐって大林文彦

    • 都市の思想—エコロジー関 曠野

    • ノーベルの悪夢常石敬一

    • 二〇世紀の物理学宮澤弘成

    • 欧州統合における強制の論理鳴瀬成洋

    • 「失われた一〇年」を超えて—二一世紀への途上国の歩み永野善子

    • 「機械」と「詩」のなかの近代建築金丸壽男

    • 詩 海を見に行きませんか古谷鏡子

  4. 書 評

    • 阪谷芳直著『中江丑吉の肖像』橘川俊忠

    • 富岡幸一郎著『批評の現在』新保祐司

    • 野沢浩著『最新労働時間管理の法律知識』浜村 彰

    • 石崎昭彦著『日米経済の逆転』伊藤 修

    • 網野善彦著『日本論の視座』『日本の歴史をよみなおす』吉井蒼生夫

    • 湯田豊編『ニーチェ「反キリスト」—翻訳および解説』工藤喜作

    • 黒沢惟昭著『グラムシと現代日本の教育』斎藤 寛

    • 鈴木ユリイカ著『ビルディングを運ぶ女たち』岡島弘子

  5. 随想

    • エディターのいない都市・横浜鈴木 隆

    • 怪文書もしくは女王対デフォー—ジョージア・クリーチなる者の手記による物語—シュテファン・ハイム、塚田眞幸 訳

  6. 連載評論 現代経済学と人間(3)

    • 都市と場所間宮陽介

    • 第11号予告

    • 執筆者紹介

    • 編集後記冨岡倍雄

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ