メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第7号 目次

  1. 植物譜(7) オニユリ文・写真 荻原レイ二

  2. 特集・消費社会と都市

  3. 評論

    • 巻頭対談 消費社会と都市—生成と廃墟の構図—川本三郎、吉原直樹

    • ポスト消費社会の都市空間福井 通

    • 都市・風俗そして情報中田信哉

    • 現代のアラブの都市—カイロの現状と変容—店田廣文

    • ヴェネツィアの<美しさ>と文人たち鳥越輝昭

    • 都市環境の重要課題田尻宗昭

  4. 文 芸

    • 消費社会の迷宮感覚—“夢”の小説について—竹田青嗣

    • 岡島弘子

  5. 研究の周辺

    • 深層海水循環過程の解明寺本俊彦

    • 都市と住宅政策—借家政策の転換— 森泉陽子

    • 私の研究 さよなら過労死社会—生存権から生活権へ—松本克美

  6. 書 評

    • 青木康征著『コロンブス—大航海時代の起業家』生田滋

    • 丹羽邦男著『土地問題の起源—村と自然と明治維新—』額賀清孝

    • デニス・ヘイ著・鳥越輝昭他訳『イタリア・ルネサンスへの招待』奥田宏子

    • 黒沢惟昭著『国家と道徳・教育—物象化事象を読む』柴田隆行

    • 香月洋一郎著『空からのフォークロア』高橋直子

    • 網野善彦・川村湊対談『列島と半島の社会史』水上 晃

    • 湯田豊著『仏教の思想構造』塚田貫康

    • 『いま・日本と中国を考える—日中比較文化論』溝口雄三

    • 佐野正巳著『出雲風土記とその社会』和崎春日

    • 松本克美他著『労災があぶない—わたしたちの提言』野沢浩

  7. 随 想

    • 豊かさと貧しさと—生活者の視座から—服部孝子

    • 寅彦随筆への注大森一彦

    • 日本のかたち(四)  橋金丸壽男

  8. 歴史の証言

    • 日本海を渡った松前の「下肥」田島佳也

    • コミューン陸軍省代表・ロセル高橋則雄

    • 西欧諸国が探る明日の大学像—大学制度に関する国際比較シンポジウムに参加して—久保敦彦

    • 天安門事件と中国—民主化の背景と今後—大里浩秋

    • 地球的規模の<共生>へ—一九八九年夏の二つの国際会議—竹内泰宏

  9. 古典のと対話

    • 公刊された芭蕉伝書『直指傳』雑感復本一郎

    • ウィリアム・フォークナー—二〇世紀における悲劇の可能性—熊野騏一郎

  10. 戦後教育改革と神奈川大学(6)

    発足時の神奈川大学澤木武美

  11. コラム

    • 空間の心象図高橋勉

    • 『追悼 梶村秀樹さん』古閑安明

    • 執筆者紹介・第8号予告

    • 編集後記冨岡倍雄

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ