メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

神奈川大学評論 第3号 目次

  1. 植物譜(3) ヤマユリ文・写真 荻原レイ二

  2. 特集・歴史学の可能性

  3. 評論

    • 巻頭対談 歴史叙述と方法—歴史学の新しい可能性をめぐって網野善彦、二宮宏之

    • 天皇制国家の特質—福沢諭吉の「理性」と「人情」をめぐって丹羽邦男

    • フランス革命とロシア革命—二つの権利宣言をめぐって—藤田 勇

    • 歴史学と民俗学の接点—「いえ」にかかわる一つの史料—山口 徹

    • ヘーゲル「歴史哲学」の現代的解読伊坂青司

  4. 文 芸

    • 文学的評価に与える歴史の影響について—晩唐詩僧貫休の場合—中村真一郎

    • 高天が原で高良留美子

  5. 研究の周辺

    • ファインセラミックスと考古学浜野健也

    • スペイン古典演劇の世界—ローペ、カルデロン、セルバンテス—岩根圀和

    • 私の研究 中国芸能史の研究吉川良和

  6. 書 評

    • 平田清明著『異文化とのインターフェイス』『自由時間へのプレリュード』松橋 透

    • 清水嘉治著『世界経済の再建』石川博友

    • 桜井邦朋著『太陽黒点が語る文明史』北岡正敏

    • 『古典逍遥』神奈川大学図書館貴重書目録木崎喜代治

    • 伊坂青司・橋本侃・桶舎典男共著『民族と国家』中村浩平

    • 川上幸一・垣花秀武共編『原子力と国際政治』桶舎典男

    • 『歴史と民俗2』沼田誠

    • 神戸四郎著『NHK社会部記者』まず問え、NHKはなぜ在るのか?斎藤道一

  7. 随 想

    • ガリシア語研究事始め浅香武和

    • 「らしい」と日本人寿岳章子

    • 横浜事件大久保久雄

    • 写 真 中央アルプス宝釼岳・冬菅野敏雄

  8. 歴史の証言

    • 北総台地の谷集落田上繁

    • 「ノワール事件」高橋則雄

  9. 評 論

    レオナルド・シャピロと「シャピロ・コレクション」(一)中本信幸

  10. 古典のと対話

    • 横河民輔の『地震』と鉄骨建築藤本盛久

    • ジョン・ロック—啓蒙の社会科学の哲学者—田中正司

    • 教育展望 生涯学習体系への移行と大学—社会が求める情報提供に向けて—西森秀明

  11. 戦後教育改革と神奈川大学(3)

    • 学園復興と大学昇格をめぐる動向澤木武美

    • 論文紹介/黒沢惟昭著「アントニオ・グラムシの教育論への序章」

    • 執筆者紹介・第4号予告

    • 編集後記

バックナンバー一覧へ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ