• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

プレスリリース

2013.02.07

神奈川大学 新学長 決定について

このページを他の人と共有する

twitter mixi

神奈川大学は、中島三千男現学長の任期満了に伴う次期学長選挙の結果、石積勝(いしづみまさる)を当選人と決定し、2013年1月25日の評議会の議を経て、2月7日の理事会で学長の任用を決定いたしました。

次期学長の任期は、2013年4月1日から2016年3月31日までの3年間です。

神奈川大学 新学長

石積 勝 (いしづみ まさる)

1950年7月11日生まれ(62歳)
現在 神奈川大学副学長、経営学部教授
専門は、政治学、国際関係論


<プロフィール>
1950年7月新潟県生まれ。62歳。新潟県立長岡高等学校卒業。上智大学外国語学部英語学科を卒業した後、トロント大学政治学研究科修士課程に進学し、政治学修士の学位を受ける。

丸紅株式会社、国際連合本部事務局職員、国際大学専任講師、東洋女子短期大学助教授を経て、1989年神奈川大学経営学部助教授として赴任後、1992年教授となる。国際交流センター所長、経営学部長、副学長などを歴任。
2013年4月に神奈川大学学長に就任する(任期:2013年4月1日~2016年3月31日)。

本学の国際化に向けた様々な施策に積極的に取り組み、特に所属する経営学部において、国際教育の実践として「SA(Study Abroad)プログラム」などを実施すると共に、全学学生のボランティア活動の組織化にも取り組み、東日本大震災による被災地を支援するための「KU東北ボランティア駅伝」などの統括責任者として、自らも度々現地を訪れ活動をしている。
専門は、政治学、国際関係論。特に神島二郎の政治理論を手懸ける。


<主な著作・論文>
・『国際教育の実践』(代表 白桃書房、1999年6月)
・『地方の時代、政党に未来はあるか』(共著 神奈川大学国際経営研究所プロジェクトペーパーNo.10、2004年3月)
・『オータナティブの国際貢献』(共著 神奈川大学国際経営研究所プロジェクトペーパーNo.13、2007年3月)
・『国際政治再考に向けて』(共著 神奈川大学国際経営研究所プロジェクトペーパーNo.21、2010年3月)
・『大学生、ボランティアの襷をつなぐ』(共編著 御茶の水書房、2012年8月)
・「近代西洋政治学の罠」(単著 『回想 神島二郎』、神島二郎先生追悼書刊行会、1999年5月)
・「世界社会フォーラムWSF・2004に参加して-憲法九条問題のブレークスルーへ-」(単著 『神奈川大学評論』第47号、学校法人神奈川大学広報委員会、2004年3月)
・「三つの戦争を再考する-湾岸・アフガン・イラク戦争と日本-」(単著 『国際研究フォーラム』No.19、神奈川大学国際経営研究所、2008年6月)
・「再び挑戦を受ける「『日本』というシステム」と「アドミニストレーター」」(単著 『神奈川大学評論』第67号、学校法人神奈川大学広報委員会、2010年11月)

この件に関するお問い合わせ

神奈川大学 広報部
電話:045-481-5661(代)

プレスリリース発信元

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学 広報部

電話:045-481-5661(代)

FAX:045-481-9300

mail:kohou-info@kanagawa-u.ac.jp

URL:http://www.kanagawa-u.ac.jp

最新のプレスリリース

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ