• ホーム
  • プレスリリース
  • 本学木下佳樹教授(理学部情報科学科・プログラミング科学研究所)プロジェクトリーダーによる国際標準IEC 62853 Open systems dependabilityが、2018年6月13日刊行されました!
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

プレスリリース

2018.06.25

本学木下佳樹教授(理学部情報科学科・プログラミング科学研究所)プロジェクトリーダーによる国際標準IEC 62853 Open systems dependabilityが、2018年6月13日刊行されました!

このページを他の人と共有する

本件のポイント

●国際標準IEC 62853 Open systems dependability(オープン・システムの総合信頼性のためのガイダンス)が、2018年6月13日に刊行されました。

概要

国際標準IEC 62853 Open systems dependabilityが、2018年6月13日刊行されました(担当TC 56参加国承認投票結果:賛成18、反対0、棄権3)。この標準の制定には、本学木下佳樹教授(理学部情報科学科・プログラミング科学研究所所長)がプロジェクトリーダーとして、武山誠博士(プログラミング科学研究所プロジェクト研究員)がエキスパートの一人として貢献しています。

IEC 62853は、オープン・システムの総合信頼性(dependability)のためのガイダンスです。従来、システムの仕様が正しく実装されることが総合信頼性の根拠とされてきました。しかし、システムの目的や環境などの変化に伴い、仕様も変化していきます。IEC 62853は、総合信頼性の根拠を説明責任の所在と遂行においた画期的な国際標準です。AIを使った自動運転やロボットをはじめとする自律システムを社会がどのように受容していくのか、その方針を与えうるものとして注目されています。

オープンシステム・ディペンダビリティの概念は、科学技術振興機構CREST制度の研究領域「実用化を目指した組込みシステム用ディペンダブル・オペレーティングシステム」の研究成果です。この研究領域の研究プロジェクトの一つ「利用者指向ディペンダビリティの研究」(2009–2014)や情報処理推進機構ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業による研究プロジェクト「オープンシステム・ディペンダビリティのための形式アシュランスケース・フレームワーク(FFO)」(2014–2015)などによる本学木下佳樹研究室の数年間にわたる研究活動が、IEC 62853のIECにおける制定活動を支えてきました。

関連ページ:IEC(国際電気標準会議)公式Webサイト
木下佳樹プロフィール

木下 佳樹 (きのした よしき) 教授/理学博士

【所属】
・理学部情報科学科
・プログラミング科学研究所(設置期間2013.6.1~2019.3.31)所長

【専門分野】
ソフトウェア科学、プログラム意味

プログラミング科学研究所 Webサイト

本件に関するお問い合わせ

【研究に関すること】

木下 佳樹 (神奈川大学理学部情報科学科 教授)
大学連絡先:0463-59-4111 (代) 
E-mail:inquiry@progsci.info.kanagawa-u.ac.jp

神奈川大学 研究支援部 平塚研究支援課
電話:0463-59-4111(代)
E-mail:hiraken-soudan@kanagawa-u.ac.jp


【報道に関すること】

神奈川大学 広報部 広報課
電話:045-481-5661(代)
E-mail:kohou-info@kanagawa-u.ac.jp

プレスリリース発信元

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
神奈川大学 広報部

電話:045-481-5661(代)

FAX:045-481-9300

mail:kohou-info@kanagawa-u.ac.jp

URL:http://www.kanagawa-u.ac.jp

最新のプレスリリース

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ