• ホーム
  • お知らせ
  • 工学部 山崎研究室の学生が学童教室向けイベントを企画運営し「特定非営利活動法人おかえり」より感謝状が贈られました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2018.04.23

工学部 山崎研究室の学生が学童教室向けイベントを企画運営し「特定非営利活動法人おかえり」より感謝状が贈られました

このページを他の人と共有する

2月24日(土)、本学横浜キャンパスにおいて工学部 山崎研究室の4年生(磯野 翔平さん、菰田 大樹さん、篠崎 大輝さん、望月 正之さん)が中心となり、「科学キッズフェスティバル」と題した学童教室向けイベントを開催しました。

このイベントは「就活をきっかけにしたキャリア形成」の活動の一環であり、トランスコスモス株式会社と山崎研究室で連携し、毎年開催をしている「就職塾」で学生が気づいた自身の強みを生かし、学童教室に登校している小学生を対象に、工学に興味を持ってもらえるような科学教室を学生自ら企画し運営する活動です。イベント当日は工学を用いた4つの企画(大根を用いたルミノール反応、万華鏡の作成、化学電池の作成、輪ゴム鉄砲)を実施し、約30人もの子供たちが集まりました。

このたび、6年目を迎える当イベントを主催した4年生に対して学童教室を運営している「特定非営利活動法人おかえり」から、感謝状が贈呈されました。

イベントを企画した菰田さんは「学生主体で企画を考えて周りに声をかけ、ゼロからイベントを作り上げるなかでいろんな困難にもぶつかりましたが、結果的に自分の強みを活かしたイベントを開催することが出来ました。先生やOB・OGの皆様にもご協力いただき、感謝申し上げます」とコメントしました。

  • イベントを主催した山崎研究室の学生と山崎徹教授イベントを主催した山崎研究室の学生と山崎徹教授
  • 自作した輪ゴム鉄砲を使った射的ゲームの様子自作した輪ゴム鉄砲を使った射的ゲームの様子

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ