• ホーム
  • お知らせ
  • 工学研究科 応用化学専攻 郡司貴雄さん(松本研究室)が公益財団法人 池谷科学技術振興財団の研究助成に採択されました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2016.07.11

工学研究科 応用化学専攻 郡司貴雄さん(松本研究室)が公益財団法人 池谷科学技術振興財団の研究助成に採択されました

このページを他の人と共有する

このたび、本学工学研究科 応用化学専攻 博士後期課程3年の郡司 貴雄さん(松本研究室)の研究「金属間化合物の表面構造と触媒特性の関係」が、公益財団法人 池谷科学技術振興財団が行う研究助成に採択されました。

池谷科学技術振興財団の研究助成は、先端技術およびこれに関連する科学技術分野における研究に対するものであり、科学技術の振興を図り、社会経済の発展に寄与することを目的としています。

郡司さんは燃料電池に利用される触媒について研究しており、触媒中に含まれる白金(プラチナ)の量を減らし、特殊な手法で調製した合金(金属間化合物)を代用することで、生産コストを下げながらも性能を維持する新素材の開発を目指しています。
受賞に際して郡司さんは、「このたびは名誉ある研究助成に採択いただき、大変光栄に思います。また、採択率の低い中、唯一学生として自分の研究が選ばれ、今までの努力が認められたような気持ちで非常にうれしく思います。」とコメントしました。

関連リンク

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ