• ホーム
  • お知らせ
  • 本学学生が平塚市立吉沢公民館と連携しイベント「吉沢に泊まろう!」を企画・実施しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2014.09.02

本学学生が平塚市立吉沢公民館と連携しイベント「吉沢に泊まろう!」を企画・実施しました

このページを他の人と共有する

8月24日、25日の2日間、学生サークル神奈川大学平塚地区BBS会のメンバーを中心とする土沢盛り上げ隊と平塚市立吉沢(きさわ)公民館の共同企画「吉沢に泊まろう!」が実施され、当日は落合克宏平塚市長も来校されました。

 

この企画は、キャンパス近隣に位置する平塚市立土沢中学校の生徒が、総合的な学習の時間内で提案した地域活性化案のひとつ「ナイトウォーキング」を実現するために、平塚地区BBS会のメンバーが吉沢公民館の呼びかけに応じたことがきっかけで始まりました。その後学生チャレンジプロジェクト※に採択され、地域の方々から多くの協力を得て、今回初めて実現に至りました。

1日目には地域の歴史を辿るナイトウォーキング「吉沢の地獄めぐり」を行いました。また、2日目は、本学湘南ひらつかキャンパスを訪れ、キャンパス内の見学や英語のゲーム等でキャンパスライフを体験しました。

プログラム後半には、落合市長を囲んで参加者が感想を述べ、参加した小学生からは「夕食作りがおもしろかった」「大学生と一緒に泊まれて楽しかった」などの感想が寄せられ、長い期間に渡り準備を進めてきた土沢盛り上げ隊のメンバーたちは、ホッとした表情を浮かべる一幕もありました。

吉沢公民館での宿泊体験を通じて、本学学生と参加した小学生達が平塚市吉沢地区の自然や歴史、地域の方々とふれあうことで、地域への愛着を深めることができる良い機会となりました。

※学生チャレンジプロジェクト
2012年度より始まった学生支援制度で、学内外におけるボランティア活動や地域貢献、学生間の交流を目的とする学生プロジェクトを対象に、審査により実施費用を大学から支援する。年2回募集。

「吉沢に泊まろう!」概要

日時

2014年8月24日(日)~8月25日(月)

場所

平塚市立吉沢公民館ほか

参加者

吉沢地区在住の小学生6名

プログラム

【1日目 8月24日(日)】

吉沢の歴史を学ぶ(吉沢散策、昔遊び体験)
夕食作り(吉沢の食材を使った食事作り)
夕食・懇談・夕食片付け
ナイトウォーキング「吉沢の地獄めぐり(公民館~延命寺閻魔大王像等~公民館)」
※(土沢中学校生徒「探究グループ」ボランティア協力)
もらい湯(近隣宅)
消灯

【2日目 8月25日(月)】

起床
ラジオ体操
朝食作り(吉沢の食材を使った食事作り)
朝食・懇談・朝食片付け
清掃
神奈川大学・大学生体験(キャンパス内見学、大学生による模擬授業体験、学食ランチ体験)
振り返り・閉講式

主催

土沢盛り上げ隊、平塚市立吉沢公民館

協力

神奈川大学、平塚市立吉沢小学校、平塚市立土沢中学校探究グループ、吉沢地区自治会連合会、吉沢歴史クラブ、ママの会すいかグループとれたてプラザ、吉沢公民館運営委員会、吉沢地区の皆さま

■吉沢(きさわ)地区

湘南ひらつかキャンパスが位置する平塚市土屋地区の東側に位置する地域で、土屋地区同様に古くからの歴史と豊かな自然に囲まれた地域。平塚駅から神奈川大学へ向かう路線バスは全て吉沢地区を経由します。

■土沢盛り上げ隊

神奈川大学BBS会の学生メンバーを中心に、地域の人々との交流や地域の文化にふれながら、地域ニーズ、地域資源の把握、資源循環や地域運営の仕組みを理解し、土沢中学校総合的な学習の時間「探究」で提案されたアイデアを具現化し、地域活性化を目的とするグループ。

■神奈川大学平塚地区BBS会

“Big Brothers and Sisters movement”の略で、少年少女の兄や姉のような存在として、一緒に悩み、一緒に学び、一緒に楽しみ、少年少女たちをサポートするボランティア団体。「吉沢に泊まろう!」の企画以前より、吉沢公民館における「寺子屋」のサポートや平塚市出身の湘南ベルマーレ選手との交流イベント等、地元に根付いた活動を行っています

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ