• ホーム
  • お知らせ
  • 2013年度 平塚市民と大学生による里地里山再生プロジェクトを実施しました
  • 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2013.11.20

2013年度 平塚市民と大学生による里地里山再生プロジェクトを実施しました

このページを他の人と共有する



2004年度より神奈川大学の学生が参加している「平塚市民と大学生による里地里山再生プロジェクト」。
プロジェクト2年目の2005年度からは毎年継続して田植え体験、稲刈り体験、里山祭(もちつき)を行っています。

9年目となる2013年度も、市民・大学生が集まって行う年3回の活動と、里山をよみがえらせる会の皆さまの日頃の手入れに支えられ、たくさんの美味しいお米が収穫できました。

○第1回
実施日:2013年6月8日(土) 曇り
場 所:平塚市土屋 里山体験フィールド
参加者:126名(うち神奈川大学参加者19名)
活動内容:谷戸田での田植え/里山体験

太陽は雲の中に隠れてしまっていても、田んぼで作業をするのには好都合。参加者全員で田植えを行いました。この日は平塚市民の方々をはじめ、神奈川大学と包括協定を結んでいる平塚信用金庫の皆様、同じ平塚市にキャンパスを持つ東海大学の学生、そして神奈川大学からは農業サークル「KAS」の学生や横浜キャンパス在籍の学生、さらには留学生まで多様な顔ぶれが初夏の里山に大集合です。子どもたちも学生も裸足で入る田んぼの感触に大興奮。苗を植えるのに夢中になり、足が抜けなくなって大騒ぎ…という一幕も。自分たちで植えた苗がすくすく育つことをみんなで願い、無事に作業終了となりました。

○第2回
実施日:2013年10月6日(日) 晴れ
場 所:平塚市土屋 里山体験フィールド
参加者:60名(うち神奈川大学参加者13名)
活動内容:谷戸田での稲刈り/サツマイモ堀り体験

予定していた5日(土)は悪天候のため翌日の6日へ延期となりましたが、当日は秋の穏やかな日差しのもと、参加者は鎌を片手に、立派に育った黄金色に輝く稲を手際よく刈り取っていきました。作業の途中、子どもたちは「見て!かまきり見つけたよ!」「こっちにはカニがいるよ!」と大はしゃぎ。6月の田植え以来の再会となった神大生のお兄さん達と一緒に、秋の一日を楽しみました。

○第3回
実施日:2013年11月9日(土) 曇り・雨
場 所:神奈川大学湘南ひらつかキャンパス第二駐車場
参加者:85名(うち神奈川大学参加者15名)
活動内容:キャンパス内の自然観察/餅つき体験

この日のメインイベントは、昔ながらの杵と臼を使った餅つき。ここは力自慢の神大生が大活躍…のはずでしたが、田植えの時から、ずっと作業を教えていただいている里山をよみがえらせる会の方や地元の方々が手際よく餅をついていく様子にビックリ。杵の振り下ろし方や持ち方を1から教えていただき、最初はぎこちなかった神大生も、最後にはリズムよく、おいしいお餅をつくることができました。

また、自然豊かなキャンパスの特性を活かし、赤や黄色に色づいた木々が美しい晩秋のキャンパス内を散策しました。特に子どもたちは、川の中からホタルの幼虫が食べるカワニナを取り出してじっくり観察したり、ビオトープにあるヤマユリの種を風にのせて飛ばす体験など、湘南ひらつかキャンパスでの思い出をたくさん作ることができました。

【主 催】 平塚市民・大学交流委員会環境推進部会
【協 力】 里山をよみがえらせる会

お問い合わせ

神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス 庶務課
〒259-1293 神奈川県平塚市土屋2946
電話:0463-59-4111(代)内線3007 FAX:0463-58-9688

E-mail:kushc-shomu@kanagawa-u.ac.jp

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ