• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2012.08.17

経営学部 菅野正泰准教授の研究が石井記念証券研究振興財団の研究助成に採択されました

このページを他の人と共有する

twitter mixi

本学経営学部 菅野正泰准教授の研究が、公益財団法人石井記念証券研究振興財団の研究助成に採択されました。
石井記念証券研究振興財団の助成事業は、日本における証券市場に関する有益な研究調査を対象としており、証券市場の一層の発展に寄与することを目的としています。

研究概要

研究者:

経営学部 菅野正泰准教授

研究形態:

個人研究

研究調査テーマ:

金融証券市場におけるシステミック・リスクに関する研究

研究調査の概要:

グローバル金融危機では、MBSやABS-CDOなどのサブプライム関連商品のみならず、他の証券までも流動性が枯渇し、金融証券市場は機能不全に陥りました。これは、証券化商品の登場で市場型間接金融が進展し、また、実体経済と株式市場・信用デリバティブ市場などの金融証券市場が相互連関している結果です。本調査研究では、この相互連関性がもたらすシステミック・リスク(連鎖破綻リスク)の影響を分析する予定です。

最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ