• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

年別一覧

お知らせ

2012.07.06

メルコ学術振興財団の研究助成に経営学部 君島美葵子助教の研究テーマが採択されました

このページを他の人と共有する

twitter mixi

公益財団法人メルコ学術振興財団の研究助成に、本学経営学部国際経営学科 君島美葵子助教の研究が採択されました。

メルコ学術振興財団の助成事業は、日本企業で実践されている管理会計実務(特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、およびそれに関連する管理システム)を研究対象とし、その理論化を目指す研究に対する助成等を通じて、管理会計学の発展と普及、さらには日本の学術および文化の向上発展に寄与することを目的としています。

研究概要

研究テーマ:

「顧客セグメントの多様化に対する管理会計技法の理論化研究」

研究者:

経営学部国際経営学科 君島 美葵子 助教

概要:

近年の企業活動では、顧客管理がますます重要性を帯びている。このような状況において、管理会計は、顧客管理への注意喚起や問題解決に対応するための適切な情報提供が求められる。そこではまず、管理対象になる顧客セグメントの明確化が必要である。またこのような顧客セグメントを管理するためには、事業特性や経営管理目的に応じて、相互補完的に活用することを前提とした顧客別の会計情報の検討も重要である。

以上のことから、本研究では、顧客中心主義に立脚した経営戦略を策定し、遂行するために活用される顧客管理のための管理会計技法、および計算書構造を検討する。


最新のお知らせ

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ