• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

公益通報について

学校法人神奈川大学は、公益通報者保護法に基づき、公益通報の受け付け等に対応するため、「学校法人神奈川大学公益通報者の保護等に関する規程」を制定し、この規程により学内に公益通報または相談の受付窓口を設置し、公益通報の取扱いに関する体制を整えました。

公益通報の対象

学校法人神奈川大学の業務に関し、不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的でなく、本法人または本法人の役員・職員等について、犯罪行為および法令違反行為が生じ、またはまさに生じようとしている旨を、本法人が設置する通報等の窓口に行う通報が対象となります。

公益通報者保護法、同法別表第8号の法律を定める政令等公益通報制度については、消費者庁ホームページに掲載されています。

なお、ハラスメントに関する相談窓口および研究活動における不正行為等に関する通報窓口は、別途設けております。

公益通報者の範囲

以下の方からの通報を受け付けます。
  • 本法人と雇用関係にある労働者
    (教育職員、事務職員、技術職員、契約職員、嘱託職員、学生アルバイト、パートタイム労働者等の直接雇用労働者)
  • 派遣契約その他の契約に基づき本法人の業務に従事する労働者
    (本法人の指揮命令下にある派遣労働者、委託契約に基づき本法人においてその業務を遂行する労働者、契約に基づく継続的な物品納入業者の労働者)

公益通報または相談の方法

公益通報または相談は、公益通報書(PDFPDFExcelExcel)に必要事項を記入し、電子メール、ファックス、郵便または面談により提出してください。相談は電話でも受け付けます。

公益通報の通報・相談受付窓口

学校法人神奈川大学 内部監査室
横浜キャンパス1号館2階(1-207)

〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL : 045-481-5661045-481-5661/FAX:045-481-7298

E-mail:naikan-all@kanagawa-u.ac.jp

受理後のプロセス

公益通報として受理された場合、内部監査室もしくは調査委員会が調査を行います。調査の結果、通報事実が確認された場合は、是正措置および再発防止策を講じます。調査結果および是正措置等については、内部監査室から通報者に連絡します。

通報者の保護

通報者は、通報等をしたことを理由として、不利益な取り扱いを受けることはありません。万一、不利益な取り扱い等を受けた場合は、内部監査室に連絡してください。

学校法人神奈川大学公益通報者の保護等に関する規程PDF

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ