利用サービス案内

利用案内/図書館の利用

戻る

館内資料の利用方法

開架資料
( 横浜図書館;地下1階・1階・2階・3階 平塚図書館;1階 )

図書と雑誌があります。書架から自由に取り出し、館内どの階の閲覧室でも利用することができます。利用後は各フロアにある返本台に戻してください。

閉架書庫資料
( 横浜図書館;地下2階書庫上層/下層・23号館地下書庫 平塚図書館;書庫 )

図書・雑誌・新聞などがあります。希望の資料が書庫にある場合は、OPACの検索画面をプリントアウトするか、備え付けの「書庫内図書請求票」を記入の上、カウンターへ申し込みください。スタッフが資料を取ってきます。なお、横浜図書館では書庫に入って資料を探すことも可能です。1階カウンターで手続きをしてください(入庫手続き。要学生証・身分証)。

<横浜での入庫手続きの際の注意>
  • 入庫の際、筆記用具・貴重品以外の荷物は、1階カウンター内のロッカーにお預けください。
  • 閉館30分前には書庫を閉めますので、ご協力ください。
  • 23号館地下書庫への入庫には、カウンターおよび23号館地下書庫受付(図書館地下2階上層)にて入庫手続きを行い、書庫係同行の上、利用をお願いいたします。
修士論文・博士論文の利用について

修士論文・博士論文の利用を希望される方は事前に下記へお申し込みください。

※修士論文は本学学生及び教職員のみ利用できます。

連絡先
横浜図書館
2階レファレンスカウンター
Tel:045(481)5661(代表) [内線]2320
Fax:045(481)2767
平塚図書館 カウンター Tel:0463(59)4111(代表) [内線]2103
Fax:0463(50)1931

閲覧をするには、「大学院修士・博士論文閲覧票」に論文名・年度・論文種別・執筆者・指導教員名・閲覧者(学生証番号・氏名・学科・他)を記入してカウンター(横浜は2階カウンター)へお申し込みください。館内での閲覧のみで貸出はしていません。また、複写は執筆者の許諾がある場合のみ可能です。執筆者との許諾に関る業務については図書館が代行します。

貸出

貸出を希望する図書と学生証(身分証・会員証)を一緒に、カウンターにお持ちください。貸出冊数と期間は下記の通りです。

利用者 一般図書貸出
冊数/期間
閉架参考図書
特別貸出
冊数/期間
書庫内雑誌
特別貸出
冊数/期間
学部生
科目等履修生
10冊/2週間 一般図書冊数に含む
/3日(当日含む)
3冊/一夜帯出
大学院生
研究生
30冊/3ケ月 一般図書冊数に含む
/5日(当日含む)
3冊/3日
教職員
研究員
50冊/5ケ月 一般図書冊数に含む
/5日(当日含む)
3冊/3日
一般公開B会員(一般社会人)
C会員(本学卒業生・定年退職者・一般高校生・附属生)
5冊/2週間 一般図書冊数に含む
/3日(当日含む)
3冊/一夜帯出
  • 夏季・冬季・春季休業中は、一般図書の長期貸出を行います(学部生のみ)。
  • 一夜帯出とは、館内利用の資料を閉館時間の1時間前から翌日の2限開始前まで、貸出することをいいます(但し定期試験期間および試験前の一定期間は除きます)。
    翌日が休館の場合は、一夜帯出は行いません。
    ベストセラー資料および就職・資格本の貸出は神奈川大学の学生に限ります。

返却

返却期限内にカウンターに返却してください。自分で直接書架には戻さないでください。返却期限を過ぎた場合、遅れた日数分だけ貸出が停止となります(最長2週間)。図書館が休館している時は、各館の入口に設置してあるブックポストをご利用ください。ただし、CD-ROMなど付録付きの資料、ブックポストに入らない大型本、一夜帯出等特別貸出の資料、返却期限日を過ぎた資料は、ブックポストには入れず、カウンターまでお持ちください。

※貸出した資料を紛失・汚損した場合はカウンターまでお越しください。弁償手続きを行います。

利用状況の確認

自分の図書館資料の貸出状況などを、OPACの「利用状況の確認」画面より確認することが可能です(要MNSアカウント)。現在借りている資料のタイトルや冊数、返却期限の確認、予約資料が到着したかの確認、文献複写資料の到着状況など、確認することができます。

貸出期限の更新

返却期限の更新は、OPACの「利用状況の確認」画面から手続きすることができます(要MNSアカウント)。
カウンターでも受付けていますが、その際は対象資料と、学生証(身分証・会員証)を必ずお持ちください。なお、更新の条件は、以下のとおりです。

  • 更新ができるのは、1冊につき1回です。
  • 既に返却期限を過ぎているものは、更新ができません。
  • 次に予約が入っている場合は、更新ができません。

予約

利用したい資料が貸出中の場合、もしくは他キャンパスにある場合、OPAC画面より予約することができます(要MNSアカウント)。

カウンターでも受付けていますが、その場合は該当資料のOPAC画面をプリントアウトして、カウンターまでお持ちください。 ただし、以下の資料については、予約をかけることができません。

  • OPAC画面上に予約ボタンがないもの(禁帯出資料および研究室資料など)
  • 各自の所属館で、資料の状態が「配架済」の資料
    (例;横浜所属の学生が、横浜図書館に現在ある配架済資料へ予約をかけることはできません)

予約した資料が受取希望館に到着しましたら、メール(MNSメールアドレス宛)にてお知らせします。また、「利用状況の確認」画面からも確認が可能です。資料は1週間、カウンターに取り置きしておきます。受け取りの際は、学生証(身分証・会員証)を各受け取り希望カウンターにご提示ください。取り置き期限が過ぎると次の方へまわします(もしくは書架に戻ります)。期限の延長はできません。