ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

宮陵会からのメッセージ

本会は、神奈川大学および神奈川大学大学院の卒業生全体の唯一の団体として、卒業生を等しく会員とし、在学生を準会員とし、会員相互の親睦を図り、会員の協力のもとに、母校神奈川大学の教育と研究の助成、及びその進展、維持後援を図ることを目的にしております。

平成29年3月31日現在会員数は、209,287名(内住所把握者102,123名) 準会員数(在学生)17,792名 合計227,079名になっております。
卒業生は、経済界、官界、法曹界、教育界など国内各界に止まらず、広く海外諸地域においも、指導的な立場で活躍しております。卒業生の活動に対する各界の評価と信頼高く、それが本学の声価を高め、また、在学生の課外活動等での活躍を含め、今日の神奈川大学を築き上げてきたと言っても過言ではないでしょう。 本部事務局は、神奈川大学内に置き、北は北海道から南は沖縄までの全国都道府県に、また海外にも地域組織が組織され、その他職域、同期、同好等で組織されています。各組織はその独自の活動を行いながら、本部との連携を図り、大学や在学生との交流も積極的に行っています。
会誌「宮陵」および「宮陵会報」を発行して、会員の交流、大学と会員、本部と地域組織等を結ぶパイプ役として、大きな役割を果たしております。
主な事業は、在学生に対する奨学金の給付、新入生に対する記念品の贈呈、会報等の配布、クラブ活動に対する賛助、体育の振興、講演会・スポーツ大会等の協賛・援助、ホームカミングデーの協賛、卒業祝賀会の共催等年間を通じて様々な事業を行っております。
会員は、皆さんと同じように日々勉学に励み、学友と夢を語っていました。母校で過ごした時間はまさしく人生の宝です。
在学生の皆さんにも、我々と同じように、神奈川大学で最高の時を過ごし、そして社会のために羽ばたいていってほしいと心より願っています。

神大生たちの活躍に心から期待しています。