Top
ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

後援会からのご挨拶

後援会会長から皆さまへ

 会員の皆様には、日頃から後援会活動にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 神奈川大学後援会は、大学の維持発展と学生生活の向上に寄与することを目的として、卒業生のご尽力により昭和50年に設立されました。高校までのPTA活動とは違った活動ですが、現在は父母の会として幅広く事業を展開しております。

 事業の主なものとしては、横浜キャンパス・湘南ひらつかキャンパスをはじめとする全国各地での父母懇談会の開催、学生の課外活動・福利厚生に対する援助、大学に対する寄付事業などがあります。

 その中でも父母懇談会は、ご父母の皆様と大学を繋ぐ重要な事業として位置付けております。父母懇談会では大学や後援会との情報交換を行うとともに、「学修」・「学生生活」・「就職」などのご心配なこと、気がかりなことを全体会あるいは個別に大学関係者と懇談する機会となっております。自宅からの通学、一人暮らしにかかわらず我が子を案じる親心はいつの時代も同じかと思います。是非この懇談会を通じて、大学のこと、学生生活、就職活動などについて、ご理解を深めていただき、大学をより身近に感じていただければ幸甚に存じます。これからも後援会の重点課題として、横浜・湘南ひらつか・地方父母懇談会の内容の充実や参加者の増員を図ってゆきたいと考えております。

 昨年初めて開催しました東京会場(品川プリンスホテル)の父母懇談会は概ね好評でした。今年度も同じ会場ですが今回は日曜日に開催することにしました。都内、近郊のご父母の皆様は元より、地方の方々にも積極的なご参加をお願いいたします。また、全国いずれの会場でも何回でも参加できます。是非ご参加下さいます様お願いいたします。

 一方の寄付・助成事業は学生生活向上のため、そして大学の維持発展のために役立っていると確信しております。今後も皆様からの会費を有効に使わせていただきたいと考えております。

 また、後援会ホームページでは、大学生活に必要な情報や父母懇談会の情報等、ご父母の皆様に役立つ情報を配信しております。また、ホームページではお伝えできないリアルタイムな情報もfacebookを導入し情報発信をしておりますので、是非ご覧ください。

 ご父母の皆様と、大学との橋渡し役として、後援会の役割は、ますます重要になると認識しております。今後も皆様のご意見をいただきながら、より良い会の運営に努めてまいる所存でありますので、後援会へのご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

神奈川大学後援会
会長  西脇 幸二

会長

神奈川大学後援会会長 西脇 幸二

後援会について