メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

在留資格の手続き

在留資格認定証明書交付申請/在留期間更新/資格の変更等

在留資格認定証明書交付申請について(入学時)

本学に入学が決まった留学生は、在留資格「留学」が取得できます。
入学予定者が日本国外に居住し、日本の在留資格を有していない場合、国際センターが入学予定者に代わり、在留資格「留学」を取得するために入国管理局に「在留資格認定証明書」の交付申請をします。

※神奈川大学入学のために、海外から在留資格の取得が必要な方は、合格が決まったら、下記に従ってすみやかに手続きを行ってください。

在留資格「留学」の在留期間更新(在学中)

在留資格が「留学」である方は、4年3月/4年/3年3月/3年/2年3月/2年/1年3月/1年/6月/3月のいずれかの期間、在留が認められます。神奈川大学の在学期間中に在留期限が満了する場合は、在留期間の更新をする必要があります。この手続きは、在留期間の満了する3ヶ月前から可能です。手続きのための必要書類や申請場所については、必要書類一覧、在留資格手続きのご案内サイト内ページです の項を参照してください。

在留期間の変更(卒業・修了時等)

在留資格を「留学」からその他の在留資格に変更する場合は、原則的にご自身で手続きをしてください。在留資格「留学」の学生が卒業・修了後に日本で就労する場合、「人文知識・国際業務」「技術」等、就労可能な在留資格に変更する必要があります。

在留資格「特定活動」への変更(卒業・修了後の就職活動継続)

正規の留学生が、大学または大学院を卒業・終了しかつ在籍中から行っている就職活動の継続を希望する場合、「特定活動」の在留資格を申請しなければなりません。

申請には大学からの就職活動継続に関する推薦状が必要となります。またその推薦状は就職課での面談にて一定条件を満たした者に発行しています。

在留資格「特定活動」在留期間は6か月、1回に限り更新が可能です。更新の際にも、面談の実施、必要書類の提出、推薦状の発行等の大学での手続きが必要です。

また資格外活動の申請により、週28時間以内の資格外活動(アルバイト)も許可されます。

例年2月初旬に、就職課にて説明会を行っており、変更希望者は参加が必須となります。

詳細は自宅にハガキ郵送にて通知しています。

在留資格の喪失(休学・退学等)

休学の場合

休学を検討している場合は、すぐに学生課にご相談ください。在留資格が「留学」の学生が休学などの理由で長期(3ヶ月が目安)に渡って勉学を離れる場合、「留学」の資格で国内に滞在すると在留資格取消しの対象になります。休学中は、資格外活動(アルバイト)を行うこともできません。行った場合、退去強制や刑事罰の対象となりますので注意してください。

退学の場合

退学し大学の学籍を失うと、留学生としての在留資格「留学」を失うことになります。そのため、すぐに帰国をするか、継続して日本に滞在する場合は、在留資格を変更する必要があります
在留期限が残っている場合でも、退学後も在留資格「留学」のまま滞在し、資格外活動(アルバイト)を行うことはできませんので十分に注意してください。

みなし再入国許可・資格外活動許可申請

みなし再入国許可について

有効な旅券および在留カードを所持する外国人は、出国する際、出国後1年以内に本邦での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなります(「みなし再入国許可」)。

みなし再入国許可により出国しようとする場合は、出国する際に、必ず在留カードとパスポートを提示し、みなし再入国許可による出国を希望する旨の意図を表明してください。

みなし再入国許可により出国した方は、その有効期間を海外で延長することはできません。出国後1年以内、または在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国しないと在留資格が失われることになりますので、注意してください。

所属機関に関する届出

中長期在留者のうち「留学」等の学ぶ資格をもって在留する方が、所属機関(雇用先や教育機関)の名称変更、所在地変更、消滅、離脱(契約終了)、移籍(新たな契約締結)が生じた場合には、14日以内に地方入国管理官署への出頭又は東京入国管理局への郵送により法務大臣に届け出てください。

このページのトップへ

アルバイトの手続きをする

資格外活動許可申請

在留資格「留学」でアルバイトを行う場合、資格外活動の許可が必要です。許可の対象は、留学生については1週につき28時間以内(長期休暇中は1日8時間以内)のアルバイトで、風俗関連営業(バー、パチンコ屋、麻雀屋もこれに該当)以外のものです。これに反すると、在留資格を取り消されることもありますので注意してください。申請に必要な書類は、必要書類一覧サイト内ページです を参照してください。

アルバイトをする予定の学生は、在留資格更新と同時に申請することをお勧めします。なお、新規入国者で「留学」の在留資格が決定された者は、出入国港にて資格外活動許可申請を行うことができます。

資格外活動許可(アルバイトの許可)の有効期限は、在留資格(ビザ)の期限と同じです。資格外活動の許可なくアルバイトをすると、強制的に国外退去となります。

このページのトップへ

取次申請

入国管理局の手続きについては本人出頭・本人申請が原則ですが、神奈川大学の学生は、「留学」の在留資格更新許可申請および資格外活動許可申請に限り、大学による取次申請制度を利用することが可能です。

取次申請は、在留期間の満了する3ケ月前から各キャンパス国際センターにて受け付けています。原則として、各月の月末日までを締切日とし、翌月に大学がみなさんの代わりに申請を行います(長期休暇期間は異なる場合があります)。発行までに時間がかかる書類もありますので、早めに準備をするようにしてください。

取次申請を利用するための必要条件

  • 在留資格が「留学」である(期間満了まで余裕があり、かつ3ヶ月以内である)
  • 必要書類を全て提出することができる
  • 取得単位数が十分である
  • 成績および授業態度が良好である

取次申請の対象外となる場合

  • 再入学者・留年者・原級者(留年/原級すると見込まれる学生も含む)
  • 経費支弁者(日本滞在費用を支払う者)を変更した場合
  • 在留状況や学習状況に何らかの問題があると大学が判断した場合
過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ