メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

国際センターについて

Greetings from the Director of International Center

Theophilus ASAMOAH Director, International Center

The world is now changing at an unbelievable speed. The progress of technology like social networking services firmly connects us all together, regardless of the intention. Probably, nobody would be able to survive today without any kind of relations with people throughout the world.

The barrier between international and domestic exchange disappeared long ago, at least on the internet. What is now required for us is the construction of immediate human mutual friendship. From now on, everybody must construct a network of global human relations.

Recently, I had the chance to be in contact with students of the Erasmus Mundus Master Courses※ at Paris University 13, which invited me as a visiting professor. I found the brilliant students, who came from many countries, especially from the EU, were constructing intimate human relationships in English even in France.

For the time being, we could not claim that Kanagawa University has sufficient environment to form such international human relations. However, we could say that the important duty to build the system is already imposed upon all of us.

My hope personally is to have a network of more than 500 universities worldwide and to promote the exchange of students as much as possible, as well as exchange of academic and administrative staff and graduate students. I am dreaming that Kanagawa University will be an important center of international exchange not only in Kanagawa but for all of Japan. We at Kanagawa University promise to do our best for that purpose.

※The aim of the Erasmus Mundus program is to enhance quality in higher education through scholarship and academic co-operation between the EU and the rest of the world

Akihiro Matoba
Director, International Center

このページのトップへ

国際センター所長からのご挨拶(和訳)

世界は今信じられない速度で変化しています。ソーシャル・ネットワーキング・サービスのような技術進歩によって、意図せざる形でわれわれは相互にしっかりと結びついています。おそらく、世界中の人々となんらかの関係をもたずに生きぬけるものはいないでしょう。

国際交流と国内交流との垣根は、少なくともインターネットの上では、すでになくなってしまいました。今われわれに求められているのは、直接の相互の人間関係を構築することです。これからは、誰もがグローバルな人間関係のネットワークを構築しなければなりません。

最近、招聘教授として呼ばれたパリ第13大学で、エラスムス・ムンドゥスのマスターコースの学生と接触する機会を持ちました。多くの国々、とりわけEUから来た優れた学生たちが、フランスにおいてさえ、英語で親密な人間関係を構築しているのを見ました。

神奈川大学でこうした国際的な人間関係を形成する環境は、いまのところ十分ではあると主張することはできないでしょう。しかし、そうしたシステムを建設するという重要な義務がすでにわれわれに課せられているのだということは、いえるでしょう。

私の希望は、500以上の世界の大学とのネットワークをもち、教職員や大学院生はもちろん、可能な限り学生の交換を促進することです。神奈川大学が神奈川のみならず、日本の国際交流の重要な拠点となることを夢見ています。その目的のために全力を尽くそうではないですか。

※エラスムス・ムンドゥス・プログラムの目的とは、EUとそれ以外の国々の間で奨学金制度と学問的な協力をつうじて高等教育における質を向上させることである。

国際センター所長
的場 昭弘

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ