• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

英語海外研修/留学体験談(カナダ)

英語海外研修に参加した感想

佐藤 陽菜
外国語学部 国際文化交流学科2年

時期:2015年3月(2週間)


私が英語海外研修に参加した年は、とてもラッキーで雨の日が1日もなく、天気に恵まれました。学校はバンクーバーのダウンタウンにあり、通学するにも観光するにもアクセスが良い立地にありました。バンクーバーはやはりとても栄えていて、様々な国の人が行きかっていましたが、思ったよりも治安が良く、親切な人が多かったのが印象的でした。私のホームステイ先は、ニューウェストミンスターだったため少し遠かったのですが、スカイライン(自動運行列車のようなもの)とバスの単純な乗り継ぎで通うことができたので、迷うことも危険な目に合うこともありませんでした。

クラスメートは神奈川大学から一緒に参加した学生を含めて日本人が5人、ブラジル人が4人、韓国人、中国人、リビア人が2人ずつ、メキシコ人が1人という構成でした。クラスメートも同じレベルでしたが、授業に対する積極的な姿勢がとても印象的でした。クラスメートが積極的に発言や質問をしていることに刺激され、はじめはうなずく程度だった反応が自分でも驚くくらいに自ら発言するようになっていました。頭で考えるより先に口が動いていることが多かったので、当然間違えることが多く最初は恥ずかしかったのですが、クラスメートも同じだったのでそういった発言を繰り返していくにつれて徐々に慣れていきました。

また、日本文化の紹介をするグループプレゼンで、私たちは「サザエさん」のプレゼンを行いました。出国前も念入りに準備を行い、現地でも打ち合わせを重ねたことで、ELSの先生方に選んでいただき、FDCで再びプレゼンさせていただけるチャンスをいただきました。人前で話すことは、日本語でさえ緊張するのですが、それを英語でプレゼンをしたことで自信につながりました。今回の研修を通して、英語力はもちろん以前より物怖じしなくなったと感じます。自分を成長させるいい機会になりました。

ホームステイ先ではホストファザー、マザーと6歳のホストシスターが出迎えてくれました。ホストファザーはヨーロッパ出身で、ホストマザーはチャイニーズカナディアンだったこともあって、カナダがいかに多文化社会であるかを実感しました。親戚などが集まると様々な言語がひとつ屋根の下飛び交っていて貴重な体験でした。ホストファミリーは、家の地下全部を私に提供してくれて、部屋はもちろん、バスルームやパントリー、キッチンもすべて自由に使わせてくれました。とても贅沢だったということも、普通ではなかったということもわかっていますが、ここまで私にストレスがなく、リラックスできる場所を提供してくれた家族には感謝しています。カナダでの2週間が素晴らしい経験になったのは、ホストファミリーがすごく親切によくしてくれて、安心できる環境をつくってくれていたおかげだと思っています。

様々なバックグラウンドを持った外国人が英語を学ぶ目的で集まり、年齢も境遇もバラバラな中で互いに切磋琢磨して英語を習得していこうとする環境がとても好きでした。この研修を通して、英語を学習することだけではなく、多文化社会の在り方や共存の仕方を目の当たりにしました。研修に参加したことで得たことは、言葉では言い表せないほどたくさんありますが、この経験はとても貴重で、私にとってとても濃厚な時間でした。

このページのトップへ

留学体験記トップへ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ