• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

BSAP/留学体験談(マレーシア)

意思を伝え、アクティブに生きる

木村 一樹
経営学部 国際経営学科2年

研修先:エイムスト大学(マレーシア)
時期:2015年4月~2016年4月


本当にいろんなことを学んだ一年間でした。ただ単に学んだというよりは、それらを自分のものとして吸収し、自己流に変換したという方がいいかもしれません。つらいこと、楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、興味深いこと、そうやって様々なことを学んでいく中で、自分自身に変化が訪れて、そういった変化に対して、もちろん最初は不安や戸惑いがありました。しかし、その変化と共に過ごしていくにつれ、それが当たり前で、なおかつ自分の一部であり、むしろそれは成長であり、進歩なのだと気づくことができました。そして、それは留学という今まで自分が生き、培ってきた常識、世界とは全く異なる事物が共通概念として存在する世界への挑戦をしたからこそ、成し得ることができたのだと思っています。

さて、まず一番最初に学んだことは、意思を伝える力の持つ重要さでした。これは、むしろ思い知らされたというほうが正しいかもしれません。文法を知らなくたっていい、単語を知らなくたっていい、伝えたいことをきちんと伝えられる力こそが大切なのだと、マレーシアは教えてくれました。言い方をかえれば、英語のしゃべり方を学んだともいえるでしょう。日々の何気ない日常の中で、現地の学生たちと話すとき、正直彼らの英語はハチャメチャです…もちろん、英語が上手な学生はたくさんいます。しかし、一部の学生の発音、文法、ワードチョイス、すべてが違う。でも、分かる。理解できる。日本人的感覚からいえば、そういった間違いを犯すことは恥ずかしいことであり、タブーなわけですが、彼らはそんな小さなことに囚われません。それは、伝えることに真の意味があるからです。伝えなければ何も始まらないということを彼らは知っているのだと肌で感じました。グループワークだってなんだって、何を考えているか教えてくれないと、何もすすめられません。意思を伝えることは本当に大切なことなのだと再認識させられました。

また、アクティブに生きることの大切さも同時に学びました。日本の大学生はどうしても消極的な印象がぬぐえないかと思います。まさに、僕もその一人でした。あれしよう、これしようと考えてもなかなか行動に移すことは難しいと思います。かといって、せっかく時間をかけて計画を立てたのに、立てただけではい終わりというわけにもいきません。さて、僕自身がアクティブになれたのは、ほかでもないマレーシア人の気質のおかげだと確信しています。彼らはいつも、気楽で、のほほんとしています。少し悪い言い方かもしれませんが、かなりテキトーな人たちなのです。ですから、失敗をするのは当たり前だし、遅刻だってたくさんします。しかし、実はそこに彼らの良さがあるのです。彼らのそういった性格こそが、僕を「間違ってもいいから挑戦しよう」という気持ちにさせてくれました。日本にいたころの僕なら、間違いを犯すくらいなら、やらない方がマシだと考えていたかもしれません。そして、その感情は、留学中にどんどん派生していって、現地人に自分から積極的に話しかけたり、学校全体で行うイベントに参加したり、先生に質問をしにいったり、また、全校生徒の前で劇もやったりと、自らにとってプラスの出来事へとどんどん自分を駆り立ててくれました。当然失敗したこともたくさんあります。ただ、チャレンジしたことに意味があると思っていますし、拙い英語で一生懸命自分のアイデアを伝え、それが企画に採用された時の喜びで、辛かったという感情は泡のように消えていきました。いまでは、やらないで後悔より、やって後悔というのは自分のポリシーです。

振り返ると、1年前に日本にいた自分と今の自分とは別人のようになっているのではないかと思います。学んだこと、学ばなければならなかったことが多かった分、成長できる機会はたくさんありましたし、考えさせられる面は決して少なくありませんでした。1つ1つのことに真剣に取り組むことは精神的にも肉体的にも厳しいと言わざるを得ませんが、それはそれだけ挑戦する価値のあることだからだと思います。先述した2つの僕が学んだことは、最も自分自身に影響を及ぼしたものです。この2つには、自分の納得のいく結論に到達するまで相当な時間を割きましたが、今の僕自身のベースとなる考え方です。

このページのトップへ

留学体験記トップへ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ