• 印刷
  • 前のページに戻る
  • 過去に見たページをチェック

メニュー

コンテンツに戻る

メニュー

派遣交換留学/留学体験談(中国)

留学したら語学力UP!?HSK6級取得者体験談

菊地 蘭丸
外国語学部 中国語学科3年

留学先:中国/厦門大学
時期:2016年9月~2017年6月(10ヶ月)

中国語を勉強している人にとって気になるのが、留学でどのくらい語学力が上がるのか、ということ。留学中に中国語検定の最上級であるHSK6級に合格した学生に合格までの勉強方法と留学によってどのように語学力を上げることができたのかインタビューしました。

Q1.中国への留学はいつ頃から考えていましたか?

1年生の必修授業で北京大学の留学から帰国した先輩の話を聞き、“中国語力を上げたいなら絶対に留学をした方が良い”と言われて留学に応募しました。

Q2.留学前・留学中の中国語学習はどのように工夫されていましたか?

留学前

Chinese Expressへ週2回ほぼ必ず行って、授業や独学でわからなかった言葉や表現について中国人留学生に教えてもらっていました。独学としては通学中に学習ソフトを聞いたりしていました。

留学中

最初は周りが何を言っているのかわからなくて悔しかったですね。むしろ中国語ではないんじゃないかと疑うほど(笑)。授業ももちろん充実していましたが、日本語学科主催のイベントなど、課外でも中国人と中国語で会話をする機会があれば積極的に参加をして、半年でだいぶ聞き取れるようになりました。そして、とにかく単語量を増やすためにHSKの単語帳を勉強していたのですが、単語だけでは覚えられないと思って例文をひたすら滑らかに読めることを意識して読んでいたら一か月後に突然発音を褒められるようになり、発話がとても楽になりました。

Q3.どのような準備や経験がHSK6級合格につながったと思いますか?

一か月前から対策をはじめたのですが、HSKの出題傾向を分析している本を読んで準備をしました。また、厦門大学での授業では「世代間ギャップについて」「自然界の生態系について」などといった難しいテーマに関するリーディングが多く、HSKでも出題されるような内容を読んでいたのが中国語力アップにつながったと思います。

Q4.中国語力を伸ばしたい学生に向けてメッセージを!

絶対に留学はした方が良いです!日本でももちろん中国人留学生と関わったり、学ぶチャンスはありますが、日本にいる留学生は日本語を勉強したいため中国語だけで会話することは多くありませんし、みんなゆっくりと中国語を話してくれます。中国にいれば日本語が通じず、容赦なく早口で話してきます(笑)。中国語を話さざるを得ない環境なので実践的な中国語を鍛えることができます。また、授業も一般教養科目などは無く、中国語だけに集中できるのも良かったです。留学前にHSK5級を何とか取得していきましたが、5級と6級ではかなりの差があるのでこの留学でその差を乗り越えられたことは自信につながりました。また、中国で仲良くなった友達とは今でもSNSや電話で連絡をとり合っていて、中国語学習を継続できるので長期的に語学力を伸ばしたいのであればぜひ留学を考えてみてください。

このページのトップへ

留学体験記トップへ戻る

過去にあなたが見たページがここに入ります

TOPページへ戻る

このページのトップへ